タグ:宿・ホテル ( 51 ) タグの人気記事
九州・特急の旅 長崎は港町
たそがれの港町・長崎

d0145934_19431572.jpg

特急 白いかもめで長崎に到着して
「ランタンフェスティバル」でにぎわう街を散策してから~


一度、宿泊するホテルへ。
長崎は坂の街ですが「この道を登るんかい!@@」
驚くほど山の上にあるホテルでした~。

卓袱料理を夕食にお願いしておいたのです。
円卓を囲んで大皿に盛られたお料理
日本料理に加え中国、オランダ、ポルトガルなど
和・華・蘭料理が融合した長崎独自の伝統料理。

最初にお吸い物をいただいて
小菜 - 冷たい前菜から
ぷりぷりのお刺身や
海、里、山のお料理が小さいお皿でいっぱい並びます。
カラスミや酒の肴、
創作卓袱料理ということで、イタリアンの前菜もあったり
円卓はあふれそうな料理!
魚介がとっても美味しいです。


d0145934_19435151.jpg
次は、中鉢へ。
食べきれないほど、たくさんのお料理が
中じゃないよ~大鉢ですよ~。
「まだまだ、お料理続きますよ~」とお姉さん^^;

d0145934_19441009.jpg
↑アンコウのから揚げとハトシ 
ハトシはエビのすり身を食パンで挟んで揚げたもの
卓袱料理ではロールにして揚げていましたが
中華街の屋台では揚げパンのハトシがいっぱいありました。
長崎のソウルフード!
美味しくて家でも作るようになりました。


d0145934_19443420.jpg
↑東坡煮 豚の角煮です
写真を撮っている余裕がなくて、ほとんど画像がないのですが・・・
大鉢 - 季節の和のお料理へと続きます。

デザートはフルーツとカステラ。
季節の桃カステラ!
2月末でしたが、長崎のひな祭りには桃カステラと聞いたことが~。
カステラの上に桃をかたどった砂糖がけの甘いお菓子です。
そして、卓袱料理の最後は、お汁粉!
桜のお汁粉でした。

はち切れそうにお腹いっぱいでしたが、
もう一度、ランタンフェスティバルの街へ
しっかり歩いて、少しは消化したかしら~(いえ、確実に体重増加してました)

宿に帰ってくると
窓からは、美しい夜景が~~
世界(新)三大夜景は、香港・長崎・モナコとか。

d0145934_19433507.jpg
↑の左 港に、大きな豪華客船が泊まっていましたが
朝起きると、出港していて
しばらくすると、朝日の中を豪華客船が港へやってきました↓
港まで、客船を見に行くことに(続く~)

d0145934_19451880.jpg

長崎は港町。香港に似てますね。
以前(8年前になるのか~)港・香港の風景です。↓


ついでに世界三大夜景のひとつ 香港の夜景↓





by my_studio | 2018-04-01 15:26 | おでかけ 九州
九州・特急の旅 佐賀・武雄温泉へ 
寒かったこの冬の影響で、桜の開花が早まりましたね。

先月、2月末に、九州・特急の旅をしてきました。
まだ、桜どころか、梅も咲いていなかったのに~~

d0145934_15370182.jpg

まずは、セントレア中部国際空港から飛行機で福岡空港へ
福岡空港からは地下鉄で博多駅へ
博多駅からは、いよいよJR九州の旅です。
特急 ハウステンボス・みどりで佐賀・武雄温泉へ


d0145934_15371525.jpg
佐賀県の温泉は、武雄に近い嬉野温泉のほうが人気ですね。
武雄温泉は、商店街も静かです。
が!武雄温泉の楼門をみたくて来ましたよ~


↑東京駅丸の内赤レンガ駅舎 8角形のドーム天井に
干支のレリーフがあります。
この十二支は、方角をあらわしていて
東・西・南・北の干支(卯、酉、午、子)がありません。

そして、武雄温泉楼門は東京駅(丸の内駅舎)の建築家・辰野金吾氏の設計で
武雄温泉楼門の天井に4干支が発見されたのですよ~。

d0145934_15373839.jpg

この楼門は、朝9時からの1時間しか入れないし(入場料400円)
宿泊した旅館に申し込むので、武雄温泉で一泊。
佐賀牛の夕食とお肌に効きそう!な温泉に入って
平昌オリンピックの閉会式をみながら、のんびりと。
翌朝、和朝食を美味しくいただいた後に楼門へ。

d0145934_15374938.jpg
急な階段を登ると、天井の四隅に干支が

d0145934_15380563.jpg

d0145934_15381980.jpg

d0145934_15383130.jpg

d0145934_15384139.jpg

d0145934_15385940.jpg

楼門の奥には、新館があり、ここの湯舟の天井が8角形のドームなんです!
東京駅と似ていますよね。

d0145934_15395145.jpg

さぁ、次は長崎に向かって特急の旅です。

d0145934_15402068.jpg
d0145934_15402996.jpg
肥前山口まで、各駅停車で進み
特急 白いかもめで長崎へ向かいます。

武雄温泉駅で、予約した佐賀牛弁当を受け取りましたよ。



by my_studio | 2018-03-21 17:37 | おでかけ 九州
四国 愛媛へ 道後温泉

四国・愛媛へ↑伊予灘ものがたりに乗車のため
一日目は今治で前泊。
今治国際ホテルは温泉で、部屋からはしまなみ海道が見えました。

d0145934_08575648.jpg

d0145934_08583204.jpg
夕食はホテルの中華、中国料理 龍宮で美味しかったですが・・。
この頃、写真を撮るのを忘れることが多く~~
(世の中インスタでみんなスマホで撮影しているのにね^^;)
ブログに備忘録で綴っておきます。

二日目朝は、松山を楽しんで~

d0145934_17030590.jpg

JR特急も好きですが、路面電車も好き!
松山の市電は、みかん色に統一されてました。

d0145934_17032595.jpg

愛媛のゆるキャラ みきゃんちゃんの色に変わったそうですよ。




d0145934_17034533.jpg





d0145934_17352388.jpg
松山から道後温泉駅まで路面電車で30分程
駅前のからくり時計も大人気。
夏目漱石の坊ちゃんに登場する人物がいっぱいで外国人観光客も盛り上がってます。


d0145934_17095726.jpg

d0145934_17321740.jpg

d0145934_17323012.jpg
道後温泉本館は、千と千尋の神隠しの雰囲気に似ているのですよ。


d0145934_17325882.jpg

松山城のふもと、大街道を歩いてロープウェイまで。

d0145934_17350065.jpg
坂の上の雲ミュージアムへも。
素晴らしい文化、歴史がある松山をあとにして、伊予灘ものがたりへ。



d0145934_17331925.jpg
今治から松山へ乗った特急「いしづち」新型特急です。

伊予灘ものがたりに乗車した後に八幡浜から特急「宇和海」で戻ってきて
松山・道後温泉の「ふなや」へ泊りました。
(夕朝食ともに美味しい和食だったのですが、写真を撮ってないんですよ~~)


d0145934_17335398.jpg


三日目は、雪の心配をしながら
松山から伊予西条へ、四国鉄道文化館を見学。
西条は、石鎚山の伏流水で「うちぬき」という湧き水があります。
駅から歩いて15分ほど、おすすめの湧き水もチェック!
そして、特急「しおかぜ」(1時間に1本)で多度津へ
土讃線も見たいのよ~~
特急「南風」(1時間に1本)に乗り換えて岡山へ

特急南風のトイレは、和式なんですよ!
リニューアルされても和式って・・・
JR四国は、外国人観光客を考慮していないの?
振子式の特急なので、日本人でも使いづらいのでは?

岡山からは雪の影響がありながらも新幹線で名古屋まで帰ってきました。
次は、JR九州の特急を楽しみに寒い毎日を頑張ります~~♪
by my_studio | 2018-01-28 18:54 | おでかけ 四国
秋の始まりに 長野県松本市 ~扉温泉 明神館~ 続き、朝食から
朝食へ続きます~といいながら、時間がたってしまいました。


d0145934_18203491.jpg

朝一番に、立ち湯「雪月花」へ
立ち湯からみえる渓谷は、ちょうどこの景色
立ち湯の上の階が、ナチュレフレンチ 菜になります。

d0145934_18210353.jpg
温泉旅館の朝ご飯は、和食が大好き!ですが
ここ明神館は、前日の夕食が洋食ならば、朝ご飯も洋食。
野菜ジュース、りんごジュース、牛乳からスタートです。


d0145934_18212139.jpg
長野・松本といえば、民芸家具というくらい
インテリアは、落ち着いた色合いとクラッシックに統一されています。

d0145934_18214994.jpg
エッグベネディクトやパンケーキの日もあるときいていましたが
この日は、普通にトーストとスペインオムレツ、自家製ベーコンなどでした。
やっぱり、和朝食が好きかな~。

朝食のあとは、どうやらすごい雨が降るらしいと
松本市まで下山しましょう~と早々とチェックアウト。

なんとか山道では大雨にあわず、松本市内へ到着したものの
市内は厳戒態勢。
何があったの?
後日、セイジ・オザワ 松本フェスティバル(OMF)と知りますが・・・





d0145934_18220376.jpg
事前告知で、もう少しスムーズに運ぶのでは?
どんな行事に対しても日本では協力を惜しまないでしょう。
(これから東京オリンピック・パラリンピックもあるのだし)

長野県警は、特別な行事に慣れていないのかしら?と思うほど
不可解なことが多くて・・・VIPの警備だから?
(セイジ・オザワ 松本フェスティバル(OMF)は定例なのに・・)

d0145934_18223524.jpg
竹風堂で栗ご飯や栗あん汁粉のお昼にして
松本市を後にしました。

d0145934_18222293.jpg
明日から10月。
ここ数日で、朝夕は、すっかり秋の気配です。
栗のおいしい季節となりました。
甘いものは、それほど・・・でしたが
このごろ、和菓子は大好き!(甘いものが好きな歳になったのかな?)

by my_studio | 2017-09-30 19:51 | おでかけ 長野
秋の始まりに 長野県松本市 ~扉温泉 明神館~  sanpo
9月も半ばになりました。
先週、遅めの夏休みに扉温泉 明神館へ行ってきました。

長野県松本市から車で30分程細い山道を進みます。
信州はもう秋かな?と思っていましたが
まだまだ、濃い緑でした。
↓(外のラウンジにヤドリギが!)
d0145934_15033894.jpg


宿の中で温泉巡り
立ち湯「雪月花」へ
自然いっぱいの渓谷へオープンになっていて
お湯に映りこむ緑がきれいです。
(意外に小さい湯舟で、写真は撮り方ですね~)

d0145934_15035378.jpg
お風呂上りには、サロンでのんびり
ほの暗いので撮りにくいですが、インテリアも素敵です。

d0145934_15044886.jpg
サロンの窓から、ガラスのテーブルに緑が映り込んでます。
d0145934_15040817.jpg
薪ストーブにはまだ早く、日中は暑かったですよ。
d0145934_15052962.jpg
さあ、夕食です。
ナチュレフレンチ 菜
(↑テーブルのアレンジメントが不思議でしょ?^^)


d0145934_15054132.jpg
メニューは、素材だけ書いてあります
何が登場するのだろう?と思いますよね
「とうもろこし」
エクレアのようなシューの中はトウモロコシのクリームです

d0145934_15062441.jpg

パンは白樺の木の器で
下には温められた豆が入ってます

d0145934_15063819.jpg
「セビーチェ」 白身魚のマリネが豚の皮にのってます 
d0145934_15065397.jpg
「ベビーリーフ」アボカドクリーム
ベビーリーフがテリーヌのようになっているのですが
これ、ナイフできれなくて・・むせそうになりました・・・

d0145934_15070924.jpg
帆立と土
土にみたてた黒いのはブラウンマシュルームです
d0145934_15072955.jpg
ヒラメ 小松菜
ここまでの器はストーンでしたが、凝ったデザインの陶器へ
でも、ちょっと食べにくいかな~
サービスする方も小松菜のソースをこぼさないように大変そうでした

d0145934_15074458.jpg
伊達鶏 鮑(小さくてみえないけど^^;)

d0145934_15080369.jpg
「苺×2」というデザート
苺のシーズンではないけれど、美味しかったです
d0145934_15081603.jpg
すごく期待していたのでフレンチには辛口になってしまいましたが
宿全体は、スタッフのサービスもよくて
緑が美しく、おだやかに時間が過ぎて居心地が良いです。
写真が多くなったので、朝食へ続きます~

by my_studio | 2017-09-16 15:49 | おでかけ 長野
父の故郷 四国 高松へ
父が亡くなって1年が過ぎました。
母は今も涙ぐむほど、さみしく思っているようです。
暑い夏だけど、父の故郷 香川県高松へでかけよう~と誘いました。

d0145934_15543781.jpg
屋島を望む おだやかな瀬戸内海 
この近くの「古高松」が父の生まれ故郷です。

d0145934_15542233.jpg

八栗山(やくりさん)からは、庵治の港がきれいにみえました。
庵治は映画「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ地となった小さな港町。

d0145934_15551331.jpg
宿の夕食は、素朴な高松の懐かしい味に、ひとつひとつ涙し
鯛のかぶと煮は甘辛く、お醤油とお砂糖がよ~くしみてる。
お味噌汁は、白みそだけど甘く、京都の白みそとは違う味。
香川県の東と西でも白みその味が違うとか。

朝食のあと、庵治の海水浴場へ。
プライベートビーチです!^^
砂浜は美しく、変わらない田舎の海。

d0145934_15554378.jpg

お昼は、牟礼町の郷屋敷へ
うどん県では珍しい会席料理。うどんもついてます!

d0145934_15560332.jpg


d0145934_15585757.jpg
会席の夏ご飯は、枝豆と蛸でした。
父は、押し寿司が好きで、讃岐の押し寿司は
鰆が入る春が旬です。
亡くなる前の年(2年前)は、母と一緒に春に訪れて
おし寿しを喜んでいたとか。
d0145934_16000882.jpg

大きなもみの木と青い夏空。
学生のころから夏休みによく訪れていたお店で、懐かしい風景です。



d0145934_16011330.jpg

うどん県といわれますが、地元の人は県外の車がズラーっとのお店や
有名な讃岐うどんの店に並んだりはしません。
なじみのお店や製麺所のうどん玉を買ってきて
家のお昼では、冬は「しっぽくうどん」にしたりします。
いりこだしが家庭の味かもしれません。

朝のうどん、今でいうモーニングうどんは、地元ならでは!
なじみのお店や製麺所にシャッター状態で
時には、丼と醤油持参です!


私一人ならば、高松から名古屋まで車で帰れるのですが
母と一緒だったので、高松をゆっくり回って
うずしおロマンティック海道を鳴門~徳島へ
大鳴門橋を渡り、淡路島へ。

d0145934_16015219.jpg
d0145934_16022281.jpg
道の駅うずしお。
鳴門の渦潮は行きのほうがきれいに見えました。
台風が近づいてきて、大塚国際美術館のあたりは、波がすごい!ことに。

d0145934_16051329.jpg
淡路島で一泊。
夜明けの海、入り江がとてもきれいでした。
淡路島は、すっかりリゾート地になりましたね。

d0145934_16053368.jpg


淡路SAから望む、明石海峡大橋と神戸の風景。
高松から岡山へとフェリーで渡っていた時代から
瀬戸大橋もできて、四半世紀が過ぎました。
四国の玄関口は変わってしまったのですね。

父が懐かしがっていたのは、宇高連絡船のデッキにあった、うどん屋さん。
連絡船のうどんは、香りからして思い出ですが、連絡船もフェリーもなくなってしまった。

変わらない高松も見てきたよ、お父さん!^^

by my_studio | 2017-08-11 18:30 | おでかけ 四国
ザ・ペニンシュラホテル東京へ
埼玉・川越から東京へ戻り
ホテル ザ・ペニンシュラ東京のロビーで夕食を

d0145934_10474990.jpg
近くの銀座はギンザ・シックスでまだまだ混んでいますが
有楽町のペニンシュラは、2階から管弦楽の演奏が静かに響いています。

d0145934_10480760.jpg
スパークリングワインで涼んで~
d0145934_10565422.jpg
前菜は、帆立のカルパッチョと



d0145934_10572192.jpg

アサリと枝豆のチャウダー
濃厚なクリームで最近のクラムチャウダーのなかではNo1!



d0145934_10484603.jpg
ペニンシュラは、パンも美味しいです。


d0145934_10574834.jpg
あれ?メインは撮っていなかった・・・
カレイ・ヒラメのソテー(翌日のランチも思いがけずヒラメのソテー^^;)

いつもはデザートが苦手ですが・・・
ペニンシュラのデザートは、甘すぎずにとても美味しかったです。

d0145934_10581241.jpg
なによりも紅茶が美味しいです!
ゆったりとたっぷりとお茶をいただいて・・・



d0145934_10584342.jpg

ペニンシュラホテルの裏口のフラワーアレンジメントは表玄関よりきれいとか~
(フロントのアレンジメントをみるのを忘れた)
この日は、スモークツリーでした。

香港のペニンシュラホテルほど広くはないですが
おだやかな時間が流れます。
翌日は、鎌倉へ・・・続く。






by my_studio | 2017-06-15 19:14 | おでかけ 東京・神奈川
春の奈良ホテル
d0145934_18390280.jpg
桜には、まだ少し早かったのですが、春の奈良へ
d0145934_18392176.jpg
奈良ホテルに1泊。
実家から車で30分程なので、食事をしたことはあるけれど
泊まるのは、はじめてです。
d0145934_18401120.jpg
ダイニングルームの窓から興福寺の五重塔がみえます。
d0145934_14141581.jpg
 
夕食はフレンチにしました。
前菜は、サーモンと鯛のサラダ仕立て


d0145934_14431373.jpg
魚料理は、鯛のムースとキャベツ包み 鮑とエビ添え

d0145934_14144595.jpg
肉料理は、仔牛のソテーと仔牛フィレ肉のフォアグラコンフィ包み焼き

d0145934_14151521.jpg
メニューの料理名はもっと長いのですが^^;
クラッシックホテルのフレンチにしては、重くないお料理でした。
女性には、軽めのフレンチがうれしいですよね。

d0145934_14154541.jpg
奈良ホテルの近く「ならまち」は、夕方にはお店が閉まってしまうので
ゆっくりホテルで過ごし
皇室アルバムがいっぱい!の廊下と展示を探索。

d0145934_14161105.jpg
愛新覚羅溥儀来館時に新調した
大倉陶園の絵皿やカトラリー

d0145934_14170332.jpg
翌朝は、同じダイニングルームで茶粥の朝食を。

d0145934_14172889.jpg

母のスマホ iPhone7 Plus だそうです!(写真右上 ピンクのカバー)
娘の私は、まだガラケーだよ~!^^


d0145934_14182696.jpg
茶粥も珍しくてよかったのですが
洋食が~!いろいろ選べれるみたい・・・
フレンチトーストにシナモントーストやホットケーキ
卵料理も ポーチドエッグやパセリオムレツなど。
美味しそう^^
ただし時間の予約ができなくて・・
ダイニングルームを出るとかなり待っていました。
(夕食はすいていたのですよ)

d0145934_14185499.jpg
廊下も重厚な雰囲気でしょう~

d0145934_14192089.jpg
ティーラウンジのインテリアもクラッシック
シナモントーストは、こちらでロイヤルミルクティーといただきたいですね♪

d0145934_14195067.jpg
朝は、ホテルの庭を散策
d0145934_14202111.jpg
桜が咲いたら、それは綺麗なことでしょう!


d0145934_14204835.jpg
興福寺のほうまで散歩しました。

d0145934_14235298.jpg
鹿をみると「鹿男あをによし」を思いだしちゃうんだけど~~


d0145934_14232769.jpg



by my_studio | 2017-03-26 15:35 | おでかけ 京都・奈良
あべのハルカスの夕陽 ~大阪マリオット都ホテル~
あべのハルカス3周年です。
3年前にも行ったのですが、
3年後に名古屋と大阪を往復している自分の姿は
当時、まったく想像できませんでした。

とはいえ、天王寺駅は、あまり降りないので
3年ぶりの「あべのハルカス」です。
d0145934_18063770.jpg

OPEN当時の混雑はどこへやら~~
展望台はすいていました。
d0145934_18073817.jpg

この日は、あべのハルカスでもめったにないほどの美しいサンセットとか。
d0145934_18083502.jpg
似たような写真が続きますが・・・
茜色の美しいグラデーションの世界
トワイライトタイム。
d0145934_18092621.jpg
南港、USJの向こうの海へ、淡路島へ~と
大きな赤い夕陽、美しかったです。
d0145934_18095827.jpg
梅田スカイビルは、最上階が空中庭園ですが
あべのハルカスは、60階の回廊をまわった後
58階へエスカレーターで下りて、そこが吹き抜けの屋外広場です。

d0145934_18110789.jpg
300m地点のマーク。
外は春風で~~歩きにくいです。

この日は、母と大阪マリオット都ホテルへ泊まりました。
2月末、3月初めは卒業式や謝恩会が多いので
着物姿のお母さまたちで19Fのロビーは華やかでしたよ!

16F展望台チケットカウンターよりもホテルフロントが混んでいて
クラブラウンジでチェックインできたので助かりました。
母と一緒なので、ジュニアスイートルームに泊まりました。


d0145934_18112923.jpg

せっかくのジュニアスイートだけど
お部屋が柱で大きく分かれていて
このソファと書斎のお部屋、一度も使わなかった・・・
d0145934_18120520.jpg
お風呂は、通天閣が見える展望風呂?です。
d0145934_18122896.jpg
通天閣の近くに20階建て星野リゾートホテル大阪ができるそうだから
お風呂から見えるようになるのね。

d0145934_18125832.jpg
クラブラウンジは、天井が高くて広々としていて
スタッフの方々も親切です。
でも翌朝早々とチェックアウトして
クラブラウンジをほとんど使わない私には、もったいなかったかな~。

by my_studio | 2017-03-05 18:57 | おでかけ 大阪・神戸
京料理 たん熊 北店  ANAクラウンプラザホテル大阪
もう3月ですね。
名古屋と大阪を往復する生活を始めてもうすぐ1年です。
いつもはデパ地下のお弁当を移動中の電車で食べてます。

d0145934_16274318.jpg
新大阪駅で500系新幹線エヴァンゲリオンをみました。
みんな撮っていたので私も思わず^^
母が大阪に所用で~ということで、久々にゆっくりなお昼を
京料理 たん熊 北店  ANAクラウンプラザホテル大阪で。
d0145934_16193765.jpg


d0145934_16200721.jpg
お料理は、少ししか撮っていませんが・・・
お椀の帆立真蒸がとても美味しくて、器も素敵でした。
d0145934_16204253.jpg
お造り
d0145934_16223366.jpg
焼物は鰤 葱を巻いていて器も熱々。
d0145934_16231748.jpg
八寸 見た目も楽し。
揚げ物は、画像はないのですが、苦手な食材を変えていただきました。
d0145934_16234200.jpg
d0145934_16243299.jpg
ご飯は、鯛茶漬け。雲丹で和えた鯛にお出汁をかけて。
d0145934_16251779.jpg
甘いものが苦手ですが、このごろは、お善哉とか好きです^^

歳をとったのでしょうね~~。
おなかに丁度良いくらいの会席料理。
静かで落ち着いたお店にほっと一息な時間でした。

by my_studio | 2017-03-05 17:34 | おでかけ 大阪・神戸