カテゴリ:おでかけ 四国( 4 )
梅雨入りしましたね。~北川村「モネの庭」マルモッタン~
今年は季節の歩みがスピードアップしているような?
例年より少し早く梅雨入りしました。

データを見ていたら、3年前のこの頃に両親が訪れた
高知県北川村「モネの庭」マルモッタンの画像が~

d0145934_15541723.jpg


父が、フランス・ジヴェルニーのモネの庭を鑑賞して
日本のモネの庭も見たいと計画していたところ、がんが判明。
次の夏、睡蓮の季節に抗がん剤治療の合間、母の運転で高知県へ。

d0145934_15542548.jpg
父の最後の夏でした。
高知県のあと生まれ故郷の香川県・高松へ
ゆっくりと四国を旅行しました。

d0145934_15543948.jpg
d0145934_15545954.jpg
フランス・ジヴェルニーの「モネの庭」と比べてみてください
↓5年前です。父の最後の海外旅行となりました・・・



北川村「モネの庭」マルモッタンが呼称を許可される庭園というのがわかります。

「モネ それからの100年」展が名古屋市美術館で今月いっぱい展示されています。
モネはこの季節が似合いますね。

番外編ですが、岐阜県関市の根道神社の近くに
「名もなき池」透明度の高い湧き水に睡蓮と鯉
モネの池に雰囲気が似ていると人気スポットがあるのですよ~。
観光バスのツアーが出ています!


More 抗がん剤治療について
[PR]
by my_studio | 2018-06-06 16:37 | おでかけ 四国
四国 愛媛へ 道後温泉

四国・愛媛へ↑伊予灘ものがたりに乗車のため
一日目は今治で前泊。
今治国際ホテルは温泉で、部屋からはしまなみ海道が見えました。

d0145934_08575648.jpg

d0145934_08583204.jpg
夕食はホテルの中華、中国料理 龍宮で美味しかったですが・・。
この頃、写真を撮るのを忘れることが多く~~
(世の中インスタでみんなスマホで撮影しているのにね^^;)
ブログに備忘録で綴っておきます。

二日目朝は、松山を楽しんで~

d0145934_17030590.jpg

JR特急も好きですが、路面電車も好き!
松山の市電は、みかん色に統一されてました。

d0145934_17032595.jpg

愛媛のゆるキャラ みきゃんちゃんの色に変わったそうですよ。




d0145934_17034533.jpg





d0145934_17352388.jpg
松山から道後温泉駅まで路面電車で30分程
駅前のからくり時計も大人気。
夏目漱石の坊ちゃんに登場する人物がいっぱいで外国人観光客も盛り上がってます。


d0145934_17095726.jpg

d0145934_17321740.jpg

d0145934_17323012.jpg
道後温泉本館は、千と千尋の神隠しの雰囲気に似ているのですよ。


d0145934_17325882.jpg

松山城のふもと、大街道を歩いてロープウェイまで。

d0145934_17350065.jpg
坂の上の雲ミュージアムへも。
素晴らしい文化、歴史がある松山をあとにして、伊予灘ものがたりへ。



d0145934_17331925.jpg
今治から松山へ乗った特急「いしづち」新型特急です。

伊予灘ものがたりに乗車した後に八幡浜から特急「宇和海」で戻ってきて
松山・道後温泉の「ふなや」へ泊りました。
(夕朝食ともに美味しい和食だったのですが、写真を撮ってないんですよ~~)


d0145934_17335398.jpg


三日目は、雪の心配をしながら
松山から伊予西条へ、四国鉄道文化館を見学。
西条は、石鎚山の伏流水で「うちぬき」という湧き水があります。
駅から歩いて15分ほど、おすすめの湧き水もチェック!
そして、特急「しおかぜ」(1時間に1本)で多度津へ
土讃線も見たいのよ~~
特急「南風」(1時間に1本)に乗り換えて岡山へ

特急南風のトイレは、和式なんですよ!
リニューアルされても和式って・・・
JR四国は、外国人観光客を考慮していないの?
振子式の特急なので、日本人でも使いづらいのでは?

岡山からは雪の影響がありながらも新幹線で名古屋まで帰ってきました。
次は、JR九州の特急を楽しみに寒い毎日を頑張ります~~♪
[PR]
by my_studio | 2018-01-28 18:54 | おでかけ 四国
四国 愛媛へ ~伊予灘ものがたり~
今年の冬はとても寒い!です。
雪が降ったり、道路が凍ったり、冷え込みがきつかったり
春が待ち遠しいですね。

先日、昨年秋から申し込んでいた四国の観光列車「伊予灘ものがたり」へ乗車してきました。
冬の海は、寒かったけれど美しい風景です。

d0145934_14470124.jpg

バスツアーで四国へ入り「伊予灘ものがたり」にだけ乗車する方がほとんどですが
筋金入りの鉄家族なので・・・
JR四国の特急列車に乗るために名古屋から新幹線で岡山へ
特急「南風」(1時間に1本)に乗り換え、多度津へ
特急「しおかぜ」(1時間に1本)に乗り換え、今治へ
一日目は今治国際ホテルへ泊りました。

二日目は、今治から特急「いしづち」(1時間に1本)で松山へ
松山を午前中歩いて、いよいよです。

d0145934_14473145.jpg
伊予灘ものがたり 八幡浜編


d0145934_14475278.jpg

d0145934_14481120.jpg

八幡浜編は、松山・レストラン門田のフレンチ会席弁当
d0145934_14483177.jpg
お食事が終わるころ、下灘駅に到着です。

d0145934_14490802.jpg

d0145934_14484468.jpg
瀬戸内海が目の前に広がる下灘駅
次のコース道後編では夕陽も美しいことでしょう。


d0145934_14492735.jpg
ダッシュ島の由利島は、愛媛県松山の伊予灘、この海のむこう。
車窓からは、瀬戸内海が続きます。

d0145934_14495564.jpg

鉄橋の上からは、透明な波打ち際が見えます。


d0145934_14501577.jpg

d0145934_14503153.jpg
大洲城が見えてきました。
地元の方が、幟をふってくれています。
寒い中をありがとうございます!

八幡浜へ到着しました。
ほとんどの方がツアーが迎えに来たバスに乗って帰って行かれました・・・
ホームには、私たち鉄家族ぐらい~。

さぁ~次の特急「宇和海」(1時間に1本)を待って、松山まで戻りましょう~。
3時間近く観光列車で来た路線を特急を待って、1時間ほど乗って帰ります。
今夜は松山・道後温泉泊だよ。

おお!アンパンマン列車にも会えたぞ!

d0145934_14504664.jpg
今治駅も松山駅も改札がいまだに駅員さん一人で切符をきって
ICカードが使えないのには、びっくり!
JR四国のICカード化は高松~多度津までです。
大丈夫か~JR四国。時刻表の1時間に1本の特急をみると悲しくなるよ~。




こーるどふぉとこんてすと



[PR]
by my_studio | 2018-01-28 15:58 | おでかけ 四国
父の故郷 四国 高松へ
父が亡くなって1年が過ぎました。
母は今も涙ぐむほど、さみしく思っているようです。
暑い夏だけど、父の故郷 香川県高松へでかけよう~と誘いました。

d0145934_15543781.jpg
屋島を望む おだやかな瀬戸内海 
この近くの「古高松」が父の生まれ故郷です。

d0145934_15542233.jpg

八栗山(やくりさん)からは、庵治の港がきれいにみえました。
庵治は映画「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ地となった小さな港町。

d0145934_15551331.jpg
宿の夕食は、素朴な高松の懐かしい味に、ひとつひとつ涙し
鯛のかぶと煮は甘辛く、お醤油とお砂糖がよ~くしみてる。
お味噌汁は、白みそだけど甘く、京都の白みそとは違う味。
香川県の東と西でも白みその味が違うとか。

朝食のあと、庵治の海水浴場へ。
プライベートビーチです!^^
砂浜は美しく、変わらない田舎の海。

d0145934_15554378.jpg

お昼は、牟礼町の郷屋敷へ
うどん県では珍しい会席料理。うどんもついてます!

d0145934_15560332.jpg


d0145934_15585757.jpg
会席の夏ご飯は、枝豆と蛸でした。
父は、押し寿司が好きで、讃岐の押し寿司は
鰆が入る春が旬です。
亡くなる前の年(2年前)は、母と一緒に春に訪れて
おし寿しを喜んでいたとか。
d0145934_16000882.jpg

大きなもみの木と青い夏空。
学生のころから夏休みによく訪れていたお店で、懐かしい風景です。



d0145934_16011330.jpg

うどん県といわれますが、地元の人は県外の車がズラーっとのお店や
有名な讃岐うどんの店に並んだりはしません。
なじみのお店や製麺所のうどん玉を買ってきて
家のお昼では、冬は「しっぽくうどん」にしたりします。
いりこだしが家庭の味かもしれません。

朝のうどん、今でいうモーニングうどんは、地元ならでは!
なじみのお店や製麺所にシャッター状態で
時には、丼と醤油持参です!


私一人ならば、高松から名古屋まで車で帰れるのですが
母と一緒だったので、高松をゆっくり回って
うずしおロマンティック海道を鳴門~徳島へ
大鳴門橋を渡り、淡路島へ。

d0145934_16015219.jpg
d0145934_16022281.jpg
道の駅うずしお。
鳴門の渦潮は行きのほうがきれいに見えました。
台風が近づいてきて、大塚国際美術館のあたりは、波がすごい!ことに。

d0145934_16051329.jpg
淡路島で一泊。
夜明けの海、入り江がとてもきれいでした。
淡路島は、すっかりリゾート地になりましたね。

d0145934_16053368.jpg


淡路SAから望む、明石海峡大橋と神戸の風景。
高松から岡山へとフェリーで渡っていた時代から
瀬戸大橋もできて、四半世紀が過ぎました。
四国の玄関口は変わってしまったのですね。

父が懐かしがっていたのは、宇高連絡船のデッキにあった、うどん屋さん。
連絡船のうどんは、香りからして思い出ですが、連絡船もフェリーもなくなってしまった。

変わらない高松も見てきたよ、お父さん!^^

[PR]
by my_studio | 2017-08-11 18:30 | おでかけ 四国