梅雨入りしましたね。~北川村「モネの庭」マルモッタン~
今年は季節の歩みがスピードアップしているような?
例年より少し早く梅雨入りしました。

データを見ていたら、3年前のこの頃に両親が訪れた
高知県北川村「モネの庭」マルモッタンの画像が~

d0145934_15541723.jpg


父が、フランス・ジヴェルニーのモネの庭を鑑賞して
日本のモネの庭も見たいと計画していたところ、がんが判明。
次の夏、睡蓮の季節に抗がん剤治療の合間、母の運転で高知県へ。

d0145934_15542548.jpg
父の最後の夏でした。
高知県のあと生まれ故郷の香川県・高松へ
ゆっくりと四国を旅行しました。

d0145934_15543948.jpg
d0145934_15545954.jpg
フランス・ジヴェルニーの「モネの庭」と比べてみてください
↓5年前です。父の最後の海外旅行となりました・・・



北川村「モネの庭」マルモッタンが呼称を許可される庭園というのがわかります。

「モネ それからの100年」展が名古屋市美術館で今月いっぱい展示されています。
モネはこの季節が似合いますね。

番外編ですが、岐阜県関市の根道神社の近くに
「名もなき池」透明度の高い湧き水に睡蓮と鯉
モネの池に雰囲気が似ていると人気スポットがあるのですよ~。
観光バスのツアーが出ています!




抗がん剤治療について質問を受けることがあります。
今も治療の正解はわかりません。
父は約1年半のがん闘病ののち亡くなりましたが
抗がん剤治療を受けながら仕事を続けました。→父との別れ

仕事ブログ「認定NPO法人トゥギャザー ~グループホームづくり~」に
がん治療と終末期医療として記載しています。





[PR]
by my_studio | 2018-06-06 16:37 | おでかけ 四国


<< 新しくなった「ピッツェリア・ブ... 梅田スカイビル 滝見小路25周... >>