人気ブログランキング |
男の二人旅 番外編 ~オルセー美術館~
8月になりますね。
父と子の「男の二人旅」から、4ヶ月が過ぎ
高校1年となった次男は、部活に追試!?に忙しそうです。
夏休みは、番外で蔵出し、美術編を載せていきます。

最初に訪れたのは
印象派の展示が多い「オルセー美術館」でした。

(オルセー美術館はフラッシュを使用しなければ、絵画の撮影はOKです。)

フランソワ・ポンポン作「白熊」
d0145934_6471925.jpg

オルセー美術館の名物にもなっているユーモラスな彫刻

d0145934_6575153.jpg

オルセー美術館の建物は、もともと1900年に造られた駅舎でした。
ガラスと鉄骨から成るアーチ状の屋根や大時計など
駅舎時代の面影が見られます。

d0145934_6495729.jpg

メインの5階フロアは、印象派の大スターたちの作品が並んでいます。
一番人気は、人だかりしているこの人!!!

ゴッホ作 最後の自画像
d0145934_6501142.jpg


「オーヴェルの教会」
d0145934_6502461.jpg

ゴッホが亡くなる2ヶ月前の作品です。
思っていた以上に鮮やかな青い空や
歪んだ線と激しいタッチが印象的。


次に、是非撮って!!と
僕(次男)が父にリクエストしたのは
d0145934_6505610.jpg

この鮮やかなタッチ・・・何の作品でしょう?

モネ作「日傘の女」
d0145934_16172238.jpg

次男が美術館で直に作品を見たかったのは
こうした絵画のタッチを知りたかったそうです。

父のお気に入りはルノワール作「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット」
d0145934_6512810.jpg

手前の男の黒い背広に斑点のように光っている、木漏れ日の描き方がおもしろい。

d0145934_6584843.jpg

自然光を取り入れているため、彫刻も陰影がきれいです。

d0145934_659799.jpg

母(私^^;)に見せたかったのは
ヨーロッパ版「カメラ女子」!!
右手にNikon、左手にタバコで忙しそうだけど・・・
カッコイイね~~~!
ヨーロッパで女性のデジイチ率は低かったそうですよ~。
by my_studio | 2009-07-31 08:08 | パリ・ベルギー・ロンドン 2009


<< 男の二人旅 番外編 ~ルーブル... トトロの夏休み ~サツキとメイの家~ >>