タグ:好きな建築 ( 38 ) タグの人気記事
川越氷川神社 蔵の町を小江戸散歩
先月末、1泊で東京へ。
この頃は大阪へ~と新幹線に乗ることが多いので
気をつけていないとホームを間違えてしまう、私^^;
エスカレーターに立つ場所もね・・・
キャリーバックを引いているときは、右?左?

東京から埼玉へ
池袋から東武東上線で、川越へ


d0145934_19550409.jpg
川越氷川神社
縁結びの神様として有名ですが、縁をつなぐパワースポットとしても!
どうしても行きたかったんです!
澄みわたる青い空
お参りをして、心もすっきりと。


d0145934_19541102.jpg

濃い緑の柳と鐘楼「時の鐘」は、時代劇の舞台セットのよう。
「みをつくし料理帖」が似合いそう~。





d0145934_19544780.jpg


川越は、蔵造りの町並みが今も残り
江戸の面影
小江戸散歩を楽しむ人たちでいっぱいです。


d0145934_19542407.jpg

埼玉・川越、暑かったです。
このあとは、東京へ戻り、涼しいホテルでお食事 続く・・・。



by my_studio | 2017-06-12 21:28 | おでかけ 東京・神奈川・静岡・山梨・埼玉
男の一人旅 ~まだまだあるよ アンコールの遺跡~
久しぶりに、夫のカンボジア旅の続きを~
まだまだあります遺跡の写真もクメール料理も^^

d0145934_15285237.jpg


のんびりと牛さんがたたずむのは、スラ・スランのほとり。
王の沐浴だった池。

d0145934_1529873.jpg


この遺跡は、バンテアイ・サムレ
アンコールワットに似た姿。

d0145934_15293316.jpg



d0145934_15295932.jpg


門の左側の遺跡は、盗られたとか・・・
残念ながら、仏像もなくなっているものが多々あります。

d0145934_15301477.jpg



d0145934_15304480.jpg


バンテアイ・クデイは、典型的なバイヨン様式で
前柱殿は、踊り子のテラスと呼ばれています。

d0145934_1531210.jpg


こちらは、火葬の寺院 プレ・ループです。 

d0145934_1531228.jpg


昨年11月のカンボジア・ベトナム旅ですが
少しずつ、更新していこうと思います。
by my_studio | 2016-06-11 16:10 | カンボジア・ベトナム 2015
男の一人旅 ~トゥクトゥクでバンテアイ・スレイへ~
この日は、トゥクトゥクを頼んで
(トゥクトゥクはバイクの後ろに座席がついたもの)
朝からバンテアイ・スレイへ。

d0145934_1655732.jpg


すれ違うバイク、家族4人乗り!
出勤風景は、驚き~~@@

d0145934_1661472.jpg


シェムリアップから1時間ほどで、郊外のバンテアイ・スレイに

d0145934_1663375.jpg


町を離れると田園地帯が続く

d0145934_1665889.jpg


カンボジアの人は、牛をとても大事にしている。
牛を連れて散歩している姿も見かけた。

d0145934_1675137.jpg


バンテアイ・スレイは、赤色砂岩の細かなレリーフが美しく
シェムリアップから距離はあるけれど、ぜひとも訪れたい遺跡。

d0145934_1681060.jpg


d0145934_1682826.jpg


北塔西側壁のデヴァター 
アプサラダンスのような手の動き、柔和な顔。

d0145934_16111715.jpg

by my_studio | 2016-03-06 16:42 | カンボジア・ベトナム 2015
男の一人旅 ~カンボジア アンコール・ワット遺跡~
いよいよ、アンコール・ワットへ
十字型テラスの欄干にて。
青空に豊穣の象徴、蛇の神ナーガ像(右)↓がそびえる。左はシンハ像。

d0145934_9365027.jpg


真ん中に立つ人は、公認のガイドさん。
制服を着ている。この国の仕事としては、高給だけれど
何しろ広くて、階段が多い遺跡のガイドは、体力勝負とか。

勉強熱心で、日本語の細い助詞や言い回しについて、質問攻めだった。
(ぼっち旅男一人で、聞きやすかったのだろう)

d0145934_937781.jpg


遺跡に銃弾の跡が↑
ポル・ポト政権や内戦が続いたカンボジアの歴史は重く
改めて考えさせられる。

d0145934_938053.jpg


中央西塔門には、ヴィシュヌ神

d0145934_938208.jpg


回廊には、窓が連なり、さしこむ光で輝くように美しかった。

d0145934_9384131.jpg


アンコール・ワットは、遺跡群の中で最大の宗教寺院
ヒンドゥー教の神々が、壁面を埋め尽くすレリーフで装飾されている。

d0145934_9391282.jpg


d0145934_9393167.jpg


聖池に映り込むアンコール・ワットと青い空
自分の目で見たくて、ここまで来たんだ!

d0145934_939495.jpg


ここが、アンコール・ワットの中心らしい。

d0145934_940589.jpg


d0145934_9402416.jpg


第三回廊への階段は、70度の急傾斜。

d0145934_9404384.jpg


d0145934_10392935.jpg


d0145934_941117.jpg


d0145934_9413184.jpg


d0145934_9414667.jpg


睡蓮が咲く聖池。
いやあ、来てよかったよ。日焼けしちゃったけどね。
アンコール・ワット遺跡の迫力は、想像以上だった。
by my_studio | 2015-12-12 10:32 | カンボジア・ベトナム 2015
男の一人旅 ~カンボジア アンコール・トム~
二日目は、アンコール・トム バイヨン寺院から。
ジャヤヴァルマン7世が造りあげた都城。

アンコール王朝が頂点だった12世紀末、
仏教徒だったジャヤバルマン7世が仏教の寺として建立したが
その後、ジャヤバルマン8世からは、ヒンドゥー教寺院に。

d0145934_1733874.jpg


入口の南大門は、駐車場へと向かう車で渋滞中
手前でバスを降りて、歩いてアンコール・トムへ。

d0145934_1735517.jpg


象で巡る観光ツアーもあるようです。

d0145934_1742159.jpg


管理されている石は、ナンバリングされています。
まだまだ把握されていない遺跡が多いし
石や仏像の頭が盗られている箇所をみると悲しいですね。

d0145934_1744634.jpg


第一回廊のレリーフは圧巻!
主に、チャンパ国軍(現在のベトナム)とクメール軍(カンボジア)の戦闘
レリーフのチャンパ人は福耳で。
まるで物語のように細く、13世紀初頭の暮らしが刻まれています。

d0145934_17548.jpg


バイヨン寺院といえば、四面仏塔群の上面テラス。

d0145934_176312.jpg


d0145934_1773062.jpg


一番右の顔は、京唄子と言われているとか!
確かに似てる。大きなお帽子があれば、なおさらね^^

d0145934_1775713.jpg


今一番人気は、クメールの微笑みといわれる観世音菩薩
中国人観光客が自撮り棒で、いっぱい!で近寄れないほど。

d0145934_1781926.jpg


第二回廊を回って

d0145934_1784096.jpg


象のテラス。↑象の鼻のレリーフがあるでしょう。
ここは、国王の越権の場でした。

↓バプーオン寺院は、空中回廊
ガイドブックには載っていない遺跡。
アンコール・トムは、半日では、歩き回れないほどの広さ。

d0145934_1785899.jpg

アンコール王朝が、なぜ滅びたかは、わかっていない。
宗教を大事にして、平和な暮らしが確かに存在したのに
夢のあとの遺跡が物語るのは、
改宗してもなお、宗教や民族の微妙な違いがあったり
周辺国が強く、世界が変わる激動の時代だった。

現代の世界情勢にもおなじことが言えるのではないだろうか?
by my_studio | 2015-11-28 18:54 | カンボジア・ベトナム 2015
男の一人旅 ~アンコール・ワット遺跡の迫力~ sanpo
カンボジア・アンコール・ワット、ベトナム・ホーチミンを旅してきた夫。
たくさんの写真を撮って、日焼けして元気に帰ってきました!
しばし、男の一人旅(ぼっち旅)に、おつきあいください。

アンコール・ワット遺跡
水面に映る遺跡、迫力ですね。

d0145934_973322.jpg


アンコール・トム遺跡


d0145934_974837.jpg


タ・プローム
映画「トゥームレイダー」の撮影場所
巨木スポアン(ガジュマルの樹)と回廊

d0145934_98080.jpg


トンレサップ湖の夕陽

d0145934_981858.jpg


カンボジアの人たちは、まじめでとても親切だったそうですよ。
私の行ったことのない国。写真で旅気分を楽しみます~♪^^
by my_studio | 2015-11-15 09:33 | カンボジア・ベトナム 2015
ぐるっと黒海 ~トルコ・エフェソス遺跡 パムッカレ石灰棚~
熱戦のあとの涙、笑顔。
女子フィギュアスケートは、感動がいっぱいでしたね。

真央ちゃんのフリーが終わった時は
日本中、世界中が、いっしょに涙したのではないでしょうか。
素晴らしい演技は、何回観ても泣いてしまいます。

ソトニコワ選手の力強い演技!
コストナー選手の表現力が生かされたプログラム(ボレロもアヴェ・マリアもよかったわ~)
リプニツカヤ選手の将来性(ちょっと愛想がない15歳が笑うと可愛いい^^)
3月の世界選手権も楽しみです♪

さて、ソチに近い黒海の旅、最後は、トルコ・エフェソス
エフェソスは、紀元前・ローマ帝国時代の世界最大級の古代都市遺跡です。

d0145934_1325414.jpg


ローマ時代に建てられた劇場は、5万人入れたとか。
ソチ・オリンピックスタジアムより大きかったのですね。

現在残る野外劇場は、2万4000人収容の紀元前2世紀に建てられ
半円形劇場の遺跡としては世界最大で、現在もコンサートなどで使われているそうです。

d0145934_13255755.jpg


野外劇場から港への大理石の道路は、アルカディアン通り
クレオパトラも歩いたそうです。
大理石の道は、セルシウス図書館へ続いています。

d0145934_13261270.jpg


セルシウス図書館は、約1万2千冊の書物を所蔵していた大規模な図書館だったとか。

d0145934_13262870.jpg


オデオン(音楽堂)は、当時は屋根付きの小劇場でした。

d0145934_13265047.jpg


d0145934_13271375.jpg


ベルガマに移動して、こちらは、アクロポリスと呼ばれる
紀元前3世紀に築かれた、ベルガモン王国の遺跡です。

d0145934_13273132.jpg


d0145934_13274437.jpg


トルコは、黒海にもエーゲ海にも面しているんですね。
エーゲ海の夜明けです。

最後は、真っ白なパムッカレ石灰棚へ。
パムッカレとは、トルコ語で「綿の城」
d0145934_13275947.jpg


d0145934_13281251.jpg


石灰を含んだ温泉が、下へ流れる途中で温度が下がり
崖全体が結晶して、真っ白な石灰棚ができました。

d0145934_13282746.jpg


ぐるっと黒海、ブルガリア、ルーマニア、トルコと巡り、これで終わりです。

ソチオリンピックもとうとうフィナーレ、閉会式です。
感動をありがとう☆素敵な夢の祭典でした。
by my_studio | 2014-02-23 14:35 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
ぐるっと黒海 ~ブルガリア・ルーマニアの旅~1 sanpo
ソチ五輪まで、もうすぐ!楽しみとドキドキで、2月は眠れないかも?

ロシア・ソチは、黒海のほとり。
民族と文化が交差する黒海は、ブルガリア、ルーマニアも近く
昨年、母が旅した、ブルガリアの風景にもオスマン帝国とロシア帝国の影響を感じます。
(母のコンデジのデータバックアップ作業は、私の年末仕事^^;)

世界遺産リラの僧院
現在の形になったのは14世紀。
15世紀~19世紀の約500年、ブルガリアはオスマントルコの支配下にあり
この間、キリスト教信仰やブルガリアの書物を読むことは制限されながらも
この僧院だけは黙認されていました。
1983年にユネスコの世界遺産に登録されました。

d0145934_19422084.jpg


リラとはトラキア語で「水の美しい所」だそうです。
リラというと、ライラックの花を思いますが
イタリアのかつての通貨もリラ。
トルコの通貨もリラですね。

d0145934_19424456.jpg


リラの遺跡の近くに、コウノトリの街、コチェリノボがあります。
民家の煙突に、コウノトリの巣が(バスの中より。)
幸せを運ぶ鳥を街中で大切にしているそうですよ。

d0145934_19431436.jpg


アレクサンダル・ネフスキー教会
ブルガリアのソフィアで、最大の美しい教会。
高さ60mの金色のドームをはじめ、12のドームからなるネオ・ビザンツ様式だそうです。

d0145934_1943344.jpg


世界遺産ボヤナ教会
ソフィア中心部から南西に行った、ヴィトシャ山の麓に建つ教会。
小さな、ひとつの教会ですが、1048年に創建された聖ニコラウス聖堂と、
1259年創建の聖パンディレイモン聖堂など、増築されて
1979年に世界遺産に登録されました。
建物内は、撮影は禁止です。

d0145934_19435262.jpg


ブルガリア・ルーマニアの素敵な風景、少しずつアップしていきます。

私も母もコンデジは、SONY Cyber-shot。現在3代目~♪
最近、買い替えと修理で、初めてソニーストアへ行きました。。。
家電量販店は行くのですが、直営店って、なかなか~~
いろいろ試せるのですね~、知らないことがいっぱいでした!
by my_studio | 2014-01-19 13:43 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
東京・お江戸ツアー ~東京駅丸の内赤レンガ駅舎~
d0145934_12312426.jpg


所用のため1泊2日で東京へ。
東京駅に着いたら、保存・復原工事完成後の丸の内ドーム天井を見上げて~

d0145934_12314669.jpg


東京駅丸の内赤レンガ駅舎を外から眺めたり。

d0145934_12323381.jpg


8角形のドーム天井に、干支のレリーフがあります。
この十二支は、方角をあらわしているので
子丑寅卯~と探していたら、東・西・南・北の干支(卯、酉、午、子)がありません^^;
見上げすぎて・・・・首が痛い。。。

d0145934_1233279.jpg


丸ビル5Fテラスからは、駅舎が見渡せます。
(雨男の長男がいないと・・晴れてる~♪)

d0145934_12332478.jpg


東京スカイツリーもお初です^^

d0145934_12334815.jpg


浅草、駒形橋からスカイツリーとアサヒビール・スーパードライホールを。

d0145934_12342837.jpg


雷門、すご~く久しぶりです。
さすが、浅草は外国人観光客がいっぱいでした。
いろんな国の言葉が聞こえてきます。

d0145934_12344620.jpg


トリアーノさんの記事から、ずっと見たかった彫りです。
大提灯の下!は、こんな感じ^^

1日目は、お江戸を楽しみました。
そうそう、エシレ・メゾン デュ ブール (ECHIRE MAISON DU BEURRE)も!

d0145934_1320796.jpg


いつも行列で売り切れのお店ですが、やっとget^^
クロワッサン(1個399円、おひとり様6個まで)
フィナンシェ、マドレーヌ、新製品のフロマージュ(ナチュラルチーズ)を。
しかし、お江戸は、高いなぁ~@@

お食事編は、次回に♪
by my_studio | 2013-03-02 13:37 | おでかけ 東京・神奈川・静岡・山梨
「男子三人旅 ふたたびのヨーロッパ」 ~パリが好き エッフェル塔が好きだ!~
d0145934_13345436.jpg


男子三人旅、最後はパリです。

d0145934_13352685.jpg


エッフェル塔は、パリの象徴ですね。
築120年を越えて、現在はじめての大改修工事とか!

d0145934_1336732.jpg


塗装やエレベーターの入れ替えの工事をしていますが
見学は可能です。

d0145934_13392430.jpg


パリでは、オペラ座近くのホテルに4日間滞在しました。

d0145934_13371044.jpg


ローマ、バルセロナに比べると
パリは物価が高い!と実感したとか。。。

d0145934_13375868.jpg


世界中から観光客が来る街だもの。
最近は、セグウェイでパリの街を走るツアーも♪
けっこう年輩の方たちが、嬉しそうに乗ってますね^^

d0145934_13382917.jpg


自転車のパリジェンヌ かっこいい!

次男たちは、パリ市運営のレンタサイクル「ヴェリブ」も利用したそうです。

d0145934_13363995.jpg


d0145934_13395340.jpg


d0145934_13402293.jpg


ギャラリー・ラファイエットのインテリア館にて。
強烈なナイフケースですね・・・^^;

d0145934_134218.jpg


テーブルウェア・インテリア雑貨の写真も^^
うわぁ~ここで買い物したい!! 

美術館、科学館好きな次男
以前見たところも新たなところも、時間を忘れるほど歩いたそう♪

d0145934_1343386.jpg


オルセー美術館の最上階の大時計。

d0145934_1345204.jpg


美術館では、遠足の子どもたちがいっぱい~☆
奥の子どもたち、彫刻のマネをしているの、わかります?^^

d0145934_13462020.jpg


ルーブル美術館では、廊下で課外授業かな?

d0145934_13465080.jpg


三年前にルーブル美術館を訪れたときは日本へ出張中だった
フェルメールの「レースを編む女」

d0145934_13473123.jpg

三年前、パリに到着して父と子(夫と次男)が
凱旋門から見たシャンゼリゼ、思い出の場所。
↑は、次男が撮影。三年前の夫が撮ったのは→☆

d0145934_1348441.jpg


凱旋門の螺旋階段
寒くて、ぶ厚いブルゾンを買って帰ったら
10月初めの日本は、夏だった~~

d0145934_13483572.jpg


120年以上前に、鉄で造られたエッフェル塔。
夜間のライトアップをしながら、節電、エコに取り組んでいるそう。

d0145934_1349531.jpg


男子三人旅、帰国してから1カ月がたち
学生たちは、後期授業の日常に。

季節は、秋を飛び越して、冬のよう!
パリで買ったブルゾンを着るとき、
ちょっと嬉しそうな次男です^^
by my_studio | 2012-11-04 15:24 | ローマ・バルセロナ・パリ 2012