タグ:器 ( 41 ) タグの人気記事
蓮のお皿 で テーブルコーディネート
d0145934_11203080.jpg

下呂の朝市で見つけた蓮の形のお皿 がテーブルに似合う初夏になりました。
お友達とエスニック料理を持ち寄って、テーブルコーディネートです。

d0145934_1123390.jpg

キャンドルは、琉球ガラスの中にギボウシを巻いて
ランチの時もキャンドルがあるだけで、雰囲気がでますよ♪

d0145934_1124770.jpg

センターは白い小石にトクサをあわせて
アジサイの葉を葉蓋にしたり
初夏の蒸し暑い日だったので、お花はグリーンのアレンジとベランダの緑だけです。

d0145934_11293468.jpg

和のテーブルコーディネートにあわせるナフキンって
そんなに持っていないですよね。
手ぬぐいを置いてみました。
柄物なのに、すっきりしていて
おうちで洗濯できるし、とっても重宝しています。

d0145934_11294966.jpg

この手ぬぐい、伊右衛門のお茶のおまけです。
夫が毎日伊右衛門を飲んで集めてくれました。
by my_studio | 2008-05-11 12:40 | テーブルコーディネート | Comments(60)
ビストロでランチ FUCHITEI フチテイ
d0145934_2241132.jpg


名古屋のビストロは、ランチ1500円/1人で、がんばってます。
(この日は、2人です。)

d0145934_2242770.jpg


オープンキッチンは、シェフの仕事を目で追ってしまいますね。

d0145934_2244068.jpg


前菜は、ノルウェ-サーモンのマリネと

d0145934_2245269.jpg


豚のタンと耳のテリーヌから選択。

d0145934_225780.jpg


シェフの2度目の渡仏修行中のミシュランをみせていただいたりして

d0145934_2255020.jpg


メインは、もち豚のロティ 粒マスタードソース 

d0145934_225193.jpg


もち豚と仔羊のパネ 中に大きな仔羊のお肉が入ってました!

d0145934_2253523.jpg


FUCHITEIフチテイのシェフ、スタッフの皆様、快く撮らせていただいてありがとうございます。

お味はもちろん、おもてなしの心がとてもすばらしいお店でした。
素敵な時間を楽しんだ後は

d0145934_226381.jpg


田鶴濱守人さんの作陶展へ。
by my_studio | 2008-04-16 22:27 | ランチ | Comments(32)
春休み パスタがつづくよ いつまでも~♪
春休みのお昼ごはん、パスタが続いてます~♪
次男がバンビーノしてるから..

d0145934_1374145.jpg

しめじとベーコンの和風ソースの日、芽ねぎと海苔をたっぷり

d0145934_138017.jpg

もっと芽ねぎほしいなあ、ええ~い、両手でかけちゃうよ!

d0145934_13818100.jpg

ホウレンソウと生ハムのクリームソースの日、胡椒をバリバリね!
年季の入ったスパイスミルだけど、捨てれないのよ。

次男の手は、まだ子どもの手
いつまでだろう?子どもの手
大切にみていかないと、あっという間に変わるだろうな..
by my_studio | 2008-03-27 13:35 | 暮らしのなかで | Comments(32)
ひな祭りのテーブルコーディネート
すごく寒い毎日だけど、二月ももうすぐ終わり
雛祭りが近いのよね。
今日は、お友だちとおうちで、簡単な雛祭りランチ
久々に和のテーブルコーディネートをしてみました。
d0145934_2035548.jpg


きのこの茶椀蒸し、湯葉あんかけ と
イカまんじゅうと春野菜のお澄まし
d0145934_2041880.jpg


手毬寿司と菜の花とカニの雛ちらし
d0145934_1735232.jpg


お酒も飲みたいけどね..
この後、子どもの懇談会なんだもの
今日は、甘酒で我慢我慢
d0145934_17354798.jpg


なぜか、みんな子どもは、男の子二人という、お母さんばかり。
だから、よけいに、雛祭りランチしたいのよね。

追記 
甘酒をいれた酒器について
鉄釉六角で、熱燗ができます。
幸兵衛窯のもので、岐阜県多治見市のさかづき美術館で見つけました。
by my_studio | 2008-02-28 17:49 | テーブルコーディネート | Comments(44)
備前焼 藤原 和さんの花入れ
岡山で生まれ、14歳まで岡山で過ごした私にとって
備前焼は身近で、今も大好きな温かさのある焼きものです。

藤原 和さんは、備前焼の陶芸家で
お祖父様 藤原 啓さん お父様 雄さんが人間国宝です。
お父様の雄さんと私の父が、岡山時代から親しくて
私も和さんの個展に伺っています。

雛祭りが近いので赤い蝶の帯に
藤原 和さんの花入れを置いて
春の花と雲竜柳をいけてみました。  

d0145934_18563364.jpg


婦人画報 私の節句大賞 「七夕」のテーブルコーディネートのときは
この花入れに笹をいけました。

d0145934_18522232.jpg


すごく大きくて、重いので、大事に大事に桐箱の中にしまっていたのですが
和さんから
「たわしでもっとゴシゴシ洗ってよ。」と、教えていただきました。
備前焼の良さは、水でしっかり洗ってこそ!だそうです。
恐る恐る、洗いましたよ、たわしで。

2月29日22時からのNHKテレビ「美の壺」で藤原三代の作品が登場します。 
by my_studio | 2008-02-24 20:01 | 暮らしのなかで | Comments(24)
ブイヤベース 休日の夜と一人のお昼
myrtleさんのnoteで 
廣江先生のお料理教室のブイヤベースをながめていたら
とっても食べたくなって
休日の夜にブイヤベースを作りました。

d0145934_2112214.jpg


お魚のアラからダシをとって
白ワインで..うん?辛口の白ワインがない~
えぇい!赤ワインだけど
スペインのテンプラニーリョがあった!
出来上がったら、悲しい色やねん..
おいしかったけどね。
ブイヤベースの大きなボウルは
ポルトガル製の食器 テラコッタの器です。

一人のお昼にもう一度チャレンジ!
ちゃんと、白ワインを使ってね。

d0145934_19492079.jpg


今度は、きれいな赤いブイヤベースになりました!
お味もgood!
by my_studio | 2008-02-13 14:08 | テーブルコーディネート | Comments(12)
コスタ・ボダと「ほいりげワイン」
d0145934_18553236.jpg

届いたばかりの2月限定 ほいりげワイン
山形県月山山麓で作られたシャルドネの生ワインです。
酵母が生きているので、運ぶときも冷やしたり、立てたままと、気をつけないと..
そんな生ワインは、はじめてです。

追記 冷蔵庫の扉にいれていたら、ポ~ンと、栓が開いちゃいました!
あわてて飲みました。
甘口で美味しいワインでした~

オリーブは、コスタ・ボダ「ライムライト」シリーズのボウルに
コスタ・ボダは、北欧スウェ-デンのガラスメーカーです。
by my_studio | 2008-02-10 19:31 | 暮らしのなかで | Comments(4)
田鶴濱守人さんの器
長男の陶芸教室にある 田鶴濱守人さんの器
d0145934_765967.jpg

茶色のところは「貝」をはさんで
重ねて焼いて出た色と貝の模様。


d0145934_771324.jpg


d0145934_772789.jpg


田鶴濱さんの奥さまの優香さんも、陶芸家です。
最近パパになられ、アトリエを半田に移されました。
4月には、名古屋で、花入れの展示会の予定です。
by my_studio | 2008-02-08 07:28 | 暮らしのなかで | Comments(14)
節分にお重をつかって 
4年前のテーブルウェアフェスティバルでみつけた、ローズピンクのお重。

d0145934_20382555.jpg


節分の夜に、洋風ちらしを盛り付けて、
カリフォルニアのピノ・グリージョ種の爽やかな白ワインと..

d0145934_20431337.jpg


子どもたちには、定番の太巻きです。

d0145934_20385880.jpg



「番外編」
今日、名古屋はあいにくの雨でした。
大須観音では、鬼が「福は内!」と豆をまいていて、びっくり!

d0145934_2041012.jpg

by my_studio | 2008-02-03 21:02 | 暮らしのなかで | Comments(17)
休日のお昼 ボロネーゼ
d0145934_18224546.jpg

私も次男も大ファンのSamanthaさんの食卓 
今日のボロネーゼ、ぐっぐっ~とひかれてしまいました!
Samanthaさんのレシピにならって、ドライトマトも入れて。

銀彩 赤絵の和皿だけど、イタリアンにもあうでしょう?

バンビーノ以来、松潤になりきる、次男。
リングイネをアルデンテに茹でて、上からパルミジャーノ・レッジャーノを!
by my_studio | 2008-02-02 18:40 | 暮らしのなかで | Comments(10)