タグ:スポーツ観戦 ( 28 ) タグの人気記事
春がきた! ~名古屋ウィメンズマラソン2017~
やっと春らしく、あたたかくなってきました。
今日は、名古屋ウィメンズマラソン 2017へ。

年々、マラソン人口がふえていきますね。
今年は、ナゴヤドームを2万人がスタート!

先頭集団のチェックに1回目出かけます^^(16キロ地点ぐらい)
毎年の行事です。
そして、あまりの速さに、毎年驚くんですよ~!
d0145934_18265216.jpg
(あとから写真でみると)
この時も安藤選手は、淡々と・・・
キルワ選手の背中を見て走ってました。



d0145934_18270948.jpg


2回目は、帰ってきたころに出かけます。
40キロ手前。
優勝したキルワ選手(バーレーン)3連覇です。
d0145934_18273291.jpg
コーナー前にスパートをかけ後ろの選手を振り返るのですよ。2年前も 
初マラソンの安藤友香選手
2時間21分36秒で2位に!
世界選手権代表に内定だそうですよ。

忍者走りといわれるフォームはほんとに省エネ。
腕を振ることがほとんどない!走りです。


d0145934_21153180.jpg




More 今年は面白い方が~
by my_studio | 2017-03-12 19:45 | おでかけ 名古屋
男の一人旅 ~ニュージーランド オークランド編~


オークランドはニュージーランド北島の北部にあるニュージーランド最大の都市です。
マリンスポーツが盛んで、港のヨットハーバーには豪華ヨットが多数停泊。  

以下の旅行記は、2016年11月 台湾へ~からの続きです。

  


d0145934_20395376.jpg



マウントイーデンという標高196mの小高い丘ですが、列記とした旧火山です。
迫力あるクレーターを周遊できる歩道が整備され
ジョギングをしている人が、いっぱい。




d0145934_20393100.jpg



雨が降ったり止んだりの中
ふもとのバス停から登りましたが
向こうに見える丘も旧火山です。





d0145934_20385607.jpg



ニュージーランドの象徴といわれる
「シルバーファーン」という名のシダ

裏返さなかったけど、葉の裏が銀色





d0145934_20390672.jpg



力強い生命力を持つこのシダは
マオリ人の信仰の対象であり
ナショナルラグビーチーム「オールブラックス」のエンブレムにもあしらわれています。





d0145934_20401708.jpg





次に行ったのは、市内中心部からバスで15分程度乗った、ミッション・ベイのビーチ。





d0145934_20403872.jpg





オークランド市内の移動手段はバスがメインですが
予め、行先を運転手さんに伝えておくと「着いたよ」と親切に合図してくれます。

バスで印象的だったのは
バスを降りる際、乗客は皆「Thank You、Driver!」と運転手さんに聞こえるように
大きな声で挨拶して降ります。

「Thanks!」と小声で言う、シャイな男性もいますが
挨拶しない人は、ほぼゼロ。

誰かのブログで読んで楽しみにしていましたが
実際の姿を見て、自分も降りる時大声で挨拶するのが楽しくなりました!


d0145934_20430998.jpg





↑は、ヨットレース「アメリカズ カップ」で優勝したヨット。
帆の街といわれるほどマリーナには素敵なヨットがたくさん停泊。

オークランドは、ロードバイクでサイクリングしている人
ジョギングしている人を数多く見かけ
健康志向の高い、さわやかな都会でした。



d0145934_20410315.jpg




この港から、ワイヘケ島へ行く「ワイナリーテイスティングツアー」に参加しました。





d0145934_20412002.jpg




オークランドの港からフェリーで35分程。
集合場所に行くと小型バスが止まっていて
一日ツアーが始まりました。



d0145934_20413619.jpg





まず、1人ずつ、軽い自己紹介からスタート
イギリス2組、インド1人、スイス1人、韓国1組
日本人は私1人の参加です。


d0145934_20415497.jpg

3つのワイナリーを周り、1つのワイナリーで4杯ずつテイスティングします。

すべてのグラスを飲み干していると
さすがのワイン好きでも、すでにかなりいい気分
「1軒目でもう酔ぱらっちゃった、バスの床をcrawl(這い)しそう」
とガイドさんと笑って話していたら~

スイス人の兄ちゃんが、寄ってきて
「俺の肩を貸してやるよ」みたいないい感じ。

すでに出来上がっていることもあり
お互いの趣味などの会話を楽しみました。
「スイス人では、フィギュアスケート男子の名選手、高速スピンのランビエールと
自転車界のスパルタクス カンチェラーラがMy Hero」といったら
「俺も同じ」と意気投合!



d0145934_20421933.jpg


1軒目のワイナリーのカベルネフランとメルローのブレンドが最高。





d0145934_20423401.jpg


この景色を見ながら、美味しいワインを飲める
最高に幸せなひと時。

日本で留守番している嫁に感謝!
d0145934_20425089.jpg
ワイナリーのラベンダーを見ていると蜂が止まった。

近くにいた韓国人の若者に
「日本ではこんな黄色い蜂見ないだけど韓国にいる?」と聞いてみたところ
「韓国でも見ない」と。
有名な「マヌカハニー」は、この黄色い蜂が集めているのかな?

韓国人の彼は、10月に大阪へポケモンGOで来て成果を挙げたとのこと。

Pentaxのデジイチを抱えているイギリス人のおやじと
カメラ談義にふけったり、こんな触れ合いが、一人旅の楽しみかな。


More  ニュージーランドのお土産は~
by my_studio | 2017-03-06 21:43 | オーストラリア・ニュージーランド2016
リオへ! ~名古屋ウィメンズマラソン 2016~
名古屋ウィメンズマラソン 2016
今年は、リオデジャネイロオリンピックの最終代表選考レースです。
ナゴヤドームから2万人を超える選手・ランナーがスタート!

d0145934_1730013.jpg


AEDを背負ったお兄さん、自転車で移動してました。
マラソンは、たくさんのボランティアさんが
いろんな係りで協力して活躍しています。

d0145934_17304637.jpg


先導の女性白バイが近づいてきました。

d0145934_17311114.jpg


d0145934_17313446.jpg


16キロ地点ぐらいですが、あまりの速さに
毎回、びっくりぽん~!です^^

d0145934_17351536.jpg


右端のゼッケンNo.17小原怜選手、最後まで粘りながら
わずか1秒差で日本人2位でした。

d0145934_17353622.jpg


日本人1位は、ゼッケンNo.14田中智美選手!
サングラスを取ったら可愛い笑顔、
今度こそ、代表に選出されるといいですね♪

d0145934_1736042.jpg


沿道で、みんなの応援を一身に受けていた
野口みずき選手!
ラストランは、感謝でいっぱいだそうです。

d0145934_17361892.jpg


春をつげる名古屋ウィメンズマラソン。
女子マラソンは、華やかです♪
選手たちのカラフルなウェアで春色に染まる名古屋でした。
by my_studio | 2016-03-13 18:28 | おでかけ 名古屋
秋からはじめたこと。お買い物、いろいろ
日中は、汗ばむほどの暖かさが続いていますが
もう11月ですね~。

最近、コンデジを新しくしました。
スマホの時代、コンデジは必要ないかもしれませんが、
あいかわらず、ガラケーの夫婦なので^^;
夫が旅行にコンデジも一眼(PENTAX K-3は→)も持っていって・・・
買いました!今度はCanon(これまでのSONYは→

練習で一枚↓

マレーシア・キャメロン・ハイランド(CAMEROM HIGHTLANDS)の紅茶
BOH TEA オリエント急行・アフタヌーンティーの紅茶です。
秋は、熱いお茶をふーふーしたい季節。

d0145934_9495619.jpg


夫は、ベトナムとカンボジア・アンコール・ワットへ遅い夏休み中。
ホーチミンもカンボジア・シェムリアップも高級ホテル~♪
家族みんな忙しく、10日も休み取れないので、男の一人旅。
(それにしても、ひとりで高級ホテル アマンサラとか行く?)

そういえば、夫は、ロードバイクも新しくしたぞ!↓
(狭い玄関で、コンデジで撮るのは難しいわ~)
d0145934_9524894.jpg


スポーツの秋。新たにrunningをはじめました!
バレエスタジオのレッスン、スポーツジムの筋トレにプラス
ランニングの有酸素運動で、代謝がより良くなった気がします^^

More ランニングをはじめたきっかけは~
by my_studio | 2015-11-10 11:11 | 暮らしのなかで
春の風を感じて ~名古屋ウィメンズマラソン 2015~
今日の名古屋は、一気に春めいて、18℃近く。
暑いくらいの一日でした。

d0145934_20155611.jpg


今日は、名古屋ウィメンズマラソン 2015へ。
年々盛り上がり、マラソン人口がふえていく女子マラソン。
ナゴヤドームを1万8千人の選手・ランナーがスタートするころ
各地点は、嵐の前の静けさです。

d0145934_20161319.jpg


d0145934_20162732.jpg


今年も先導は、女性白バイ(愛知県警特製 金シャチマークつき^^)
毎年同じ方かしら? →☆(2年前)

d0145934_20164114.jpg


先頭集団が走ってきました(16キロ地点ぐらい)
すごく速いんですよ~!
あっという間に行ってしまう~~

d0145934_2016558.jpg


帰ってきました、40キロ手前。

優勝したキルワ選手(バーレーン)
コーナー前にスパートをかけ、後ろの選手を振り返っています。

d0145934_20171018.jpg


足の運び方、筋肉の躍動感、お手本のような走りですね。

d0145934_20173156.jpg


日本人選手のトップは、前田彩里選手。
15キロの給水ポイントで、転倒してひざをケガしながら走り続けました。

d0145934_20175546.jpg


d0145934_20181385.jpg


名古屋に春をつげる名古屋ウィメンズマラソン。
沿道で観戦しながら、たくさんのランナーの走りに勇気づけられます。
by my_studio | 2015-03-08 21:00 | おでかけ 名古屋
琵琶湖を飛ぶ 2014 より速く!琵琶湖最速へ
d0145934_7263870.jpg


1年に1度だけ、琵琶湖で飛ぶ 鳥人間コンテスト2014

決戦の夜明け。
この日のために、1年かけて作り上げた飛行機が湖岸に並ぶ。
琵琶湖に輝く尾翼、美しいです。

d0145934_72713.jpg


高さ10mのプラットホームまで、慎重に運びます。
背景は、ひこにゃんの彦根城です。
(今年は、ひこにゃんが大会前日のニコ生に登場^^)

次男の大学は、人力プロペラ機タイムトライアル部門
500m先の折り返し点を旋回して、往復1キロ強のタイムを競います。

d0145934_7275517.jpg


プロペラを回し 3・2・1・GO!
高さ10mのプラットホームからテイクオフ

d0145934_7303855.jpg


飛びだし直後、一度下がり、見ているほうは、ハラハラでしたが^^;
風に乗り、上昇してきました。

d0145934_731443.jpg


この飛行機の設計のすばらしさは、ここから!
横風で、少し左に流されたので、左から右旋回に入ります。

d0145934_732649.jpg


鳥人間たちは、翼とかいてヨクと読むそうですが^^
旋回で、翼がSの字にしなります(↑の3枚目)。
テレビ放送では、ラジコンヘリ搭載カメラ(↑の2枚目右上)
(これが噂のドローン!)
飛行機の後ろから撮影したきれいな旋回が映りました。

d0145934_7325751.jpg


d0145934_7332697.jpg


あとは帰るだけ。ひたすら体力勝負!漕げ~ 漕げ~ より速く!

d0145934_7335153.jpg


ゴールラインを越えて、頭から着水。
時速約60キロくらい、かなり痛かったそうですよ。
テレビでは、メガネが吹っ飛んで、よれよれの顔がアップでしたわ^^;

d0145934_7341426.jpg


惜しくも0.28秒、歴代1位にはおよびませんでしたが
学生最速!よくがんばりました。

人力プロペラ機タイムトライアル部門 優勝おめでとう!

美しく、素晴らしい人力飛行機を制作したチームの皆さん
これまで支え、応援してくださった先輩の皆さま、心より感謝しています。

テレビで観戦してくださった友人たちも^^ありがとうございました。

昨年の鳥人間コンテスト2013はこちら→☆です。
by my_studio | 2014-09-04 07:37 | おでかけ 滋賀
琵琶湖を飛ぶ 2014 エピソード1 プロローグ
1年に1度だけ、琵琶湖で飛ぶ 鳥人間コンテスト

決戦の朝、高さ10mのプラットホームが、琵琶湖に輝いていました。

d0145934_96177.jpg


鳥のように空を飛ぶ。人力飛行機の世界。
ここは、鳥人間たちの聖地。

d0145934_963886.jpg


どんな気持ちでここを登っていくのか?
期待とプレッシャーを思うと、ちょっと胸がしめつけられそうになる・・・

d0145934_97538.jpg


この日のために、1年かけて作り上げた飛行機は、浜辺でその時を待っている。

d0145934_972787.jpg


カメラマンさんたちも早朝からスタンバイOK!

d0145934_974835.jpg


飛ばなきゃならないワケがある!

鳥人間コンテスト2014は、9月3日(水)夜7時
読売テレビ、日本テレビ系で放送です。
熱い戦いをぜひみてください。

昨年の鳥人間コンテスト2013はこちら→☆
今年は、次男がパイロットです!続きは、放送後に^^
by my_studio | 2014-07-29 09:31 | おでかけ 滋賀
まいにち ツール・ド・フランス
「まいにち ツール・ドフランス」101回大会 2014
自転車好きの夫と次男が、録画して観戦している番組です。

ツール・ド・フランスは、毎年7月に、23日間の日程で行われ
世界から集まったチームで、約3600kmを走るロードレース。
昨年の100回大会から、日本でも毎日放映されることに。

101回目の今年は、イングランド、ヨークシャー地方にある町、リーズから
開会セレモニーには、ウィリアム王子&キャサリン妃、ヘンリー王子が出席されましたよ!

↓は、ちょうど1年前、100回記念大会のコースを撮った母の写真。

d0145934_165303.jpg


左下の車は、ツールをサポートする大会関係車両だそうで
「行きたかった!」と、夫と次男(学校はどうするの?試験中です!)

d0145934_1655020.jpg


ここは、モンサンミッシェル。海の中に、特別につくられたコースでした。

d0145934_1661860.jpg


d0145934_1663657.jpg


「ラ・メール・プラール」伝統のオムレツは、横浜店のほうがおいしかったとか~^^

d0145934_167264.jpg


d0145934_1672324.jpg


母は、数年前には、ピレネーの山岳でもツールを観戦して
すごいスピードに驚いたそう~。

d0145934_1674249.jpg


この日は、モンサンミッシェルに泊まり、翌日は、中庭の可愛いテラスで朝食を。

d0145934_168210.jpg


このときのフランス旅では、モネの庭へも行っています。
続きは、一番美しい季節のモネの庭を。
by my_studio | 2014-07-15 16:24 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
「浅田真央 23年の軌跡展」
真央ちゃんの写真展
「浅田真央 23年の軌跡展」が、ジェイアール名古屋で今日から始まりました。
初日、走っていきましたよ~^^
OPEN前に、真央ちゃんのテープカットが!
今季のエキシビション「スマイル」のシャンパンゴールドの衣装の前でありました。

今回の写真展は、撮影は不可だったので、じっくり見てきました@@
どの衣装も印象深く、バンクーバーオリンピックの「鐘」の黒と赤の衣装は、
あのときの悔し涙の銀メダルと一緒に展示してました。

バンクーバー五輪のSP 仮面舞踏会の赤い衣装
真央ちゃんがインタビューで「この衣装、好き!」と話していたけれど
私もこの衣装、真央ちゃんの愛らしさに似合って、とても好き☆
その前年 FP仮面舞踏会の黒い衣装は、肩のラインが大人っぽくて素敵。

そして、日本中が涙した、ソチ五輪の衣装は、青色を中心に黒と赤で羽のように。
この展示の前で、ラフマニノフピアノ協奏曲第2番が流れるんです。
思い出して、泣いてしまいました。
まわりの方も同じように涙ぐみながら見てましたよ~~

15歳の時の「くるみ割り人形」の衣装は、ピンクのパフスリーブ。
SP「カルメン」のオレンジ色の衣装は、フリルたっぷり可愛いいカルメンでしたね。

↓6年前のNHK杯30周年の写真展は、撮影OKでしたし、
すいていたので、真央ちゃんのビールマンスピンの横で記念撮影できました^^
→☆そのときの記事
衣装を近くで見ると、その繊細さと手の込んだ職人技に魅せられます。
サテン、ベルベット、シフォンなど生地の組み合わせとカットの仕方
スパンコールやビーズ、刺繍の細かな仕上げが、氷上できらめくようにとつくられています。

2006-07年の浅田真央ちゃん 「チャルダッシュ」の衣装です。

d0145934_7492739.jpg


d0145934_7494838.jpg


真央ちゃん、これからのことはゆっくり休んでから考えてね。
たくさんの衣装を見ながら、これまで休んだことのない真央ちゃんの日々を思うと
ファンは、みんな泣けてきますよ。
by my_studio | 2014-04-23 19:10 | おでかけ 名古屋
ぐるっと黒海 ~トルコ・エフェソス遺跡 パムッカレ石灰棚~
熱戦のあとの涙、笑顔。
女子フィギュアスケートは、感動がいっぱいでしたね。

真央ちゃんのフリーが終わった時は
日本中、世界中が、いっしょに涙したのではないでしょうか。
素晴らしい演技は、何回観ても泣いてしまいます。

ソトニコワ選手の力強い演技!
コストナー選手の表現力が生かされたプログラム(ボレロもアヴェ・マリアもよかったわ~)
リプニツカヤ選手の将来性(ちょっと愛想がない15歳が笑うと可愛いい^^)
3月の世界選手権も楽しみです♪

さて、ソチに近い黒海の旅、最後は、トルコ・エフェソス
エフェソスは、紀元前・ローマ帝国時代の世界最大級の古代都市遺跡です。

d0145934_1325414.jpg


ローマ時代に建てられた劇場は、5万人入れたとか。
ソチ・オリンピックスタジアムより大きかったのですね。

現在残る野外劇場は、2万4000人収容の紀元前2世紀に建てられ
半円形劇場の遺跡としては世界最大で、現在もコンサートなどで使われているそうです。

d0145934_13255755.jpg


野外劇場から港への大理石の道路は、アルカディアン通り
クレオパトラも歩いたそうです。
大理石の道は、セルシウス図書館へ続いています。

d0145934_13261270.jpg


セルシウス図書館は、約1万2千冊の書物を所蔵していた大規模な図書館だったとか。

d0145934_13262870.jpg


オデオン(音楽堂)は、当時は屋根付きの小劇場でした。

d0145934_13265047.jpg


d0145934_13271375.jpg


ベルガマに移動して、こちらは、アクロポリスと呼ばれる
紀元前3世紀に築かれた、ベルガモン王国の遺跡です。

d0145934_13273132.jpg


d0145934_13274437.jpg


トルコは、黒海にもエーゲ海にも面しているんですね。
エーゲ海の夜明けです。

最後は、真っ白なパムッカレ石灰棚へ。
パムッカレとは、トルコ語で「綿の城」
d0145934_13275947.jpg


d0145934_13281251.jpg


石灰を含んだ温泉が、下へ流れる途中で温度が下がり
崖全体が結晶して、真っ白な石灰棚ができました。

d0145934_13282746.jpg


ぐるっと黒海、ブルガリア、ルーマニア、トルコと巡り、これで終わりです。

ソチオリンピックもとうとうフィナーレ、閉会式です。
感動をありがとう☆素敵な夢の祭典でした。
by my_studio | 2014-02-23 14:35 | おでかけ 海外 リズム*母の旅