<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
エル・ダンジュでランチパーティー♪
すご~く久しぶりに、ランチパーティーです♪
「Y's effect 1st Anniversary Party」へ
会場の エル・ダンジュは、通常はランチ営業がないし
特別メニューということで楽しみにしてました。
d0145934_16334472.jpg

前菜は 春野菜のプレッセに魚介を添えて 

ワインがほしい~!!美味しゅうございます♪
車だったので、ガマンです・・・^^;

d0145934_11232515.jpg

メインは、黒鯛のポワレ アスペルジュソース
アスペルジュは、アスパラガスのフランス語で
上の緑色のつくしみたいなのがアスペルジュソバージュ
ソバージュは「野生」という意味だそうです。

パンに添えられたオリーブオイルがとっても美味しくて
スタッフの方に商品名を教えていただきました(画像はないです)
ドルチオリオ DOLCIOLIO ぐぐってみれば500ml 3000円近く!
う~ん、我が家で使うには高すぎ・・^^;

d0145934_16341084.jpg

デザート パッションフルーツのムースとバラのアイス

「女性を輝かせるブラッシュアップセミナー」のパーティでしたが
男性の参加者も多かったです。

セミナーには、テーブルコーディネートもあって
d0145934_16322573.jpg

吉田美紀子さんのテーブルコーディネートの展示もありました。

d0145934_16324261.jpg

テーマは「大人の初夏」

d0145934_1857947.jpg

エル・ダンジュのシンプルでモダンな空間にぴったりでした。

d0145934_16331335.jpg

テーブルコーディネート!!と難しく考えずに
暮らしを少し上質に・・・
食事をする時間を楽しむために・・・
そう思うとひとりのお昼も器をひとつ買うことも
暮らしを楽しむ気持ちになりますね~

d0145934_18555944.jpg

吉田さんから、男性へのメッセージもありましたよ♪
奥さまがいつもと違う器でお料理を盛り付けたら。。。
気がついて、ほめてくださいね~☆っと^^
そうなんですよ!ちょっとしたことでも気がついて言葉にしてくれたら・・
うれしいですよね♪
by my_studio | 2009-05-27 18:01 | ランチ | Comments(42)
ZARA Homeのテーブルクロスで 初夏のテーブルコーディネート
ガラスの器が似合う、初夏になりましたね。
この白いスパイラルが入ったグラスは
ヨーロッパで、うちの父子が買って帰ったグラスです^^
d0145934_16335849.jpg


日本だと高すぎて、なかなか買えないテーブルコーディネートの品々
ヨーロッパで買ってほしい商品をZARA Homeのページを印刷してリストを渡しました。

d0145934_16342768.jpg

テーブルクロスやあじさい模様のキャンドルは、ZARA Homeの商品です。
ZARA Homeのパリ店はマドレーヌ寺院の裏にあり
宿に近いのでパリに到着後、訳もわからないまま父子が直行!
テーブルクロスなど、ほとんどの依頼した品は、店頭に並んでいなくて
親切な店員さんが、私のリストを見て倉庫まで探してくださったそうで・・・
それでもパリ店で手に入らなかった品はロンドン店で調達!!
セレブなマダムたちがお買い物している中、汗だくで買い集めてきたそうです。

d0145934_16344684.jpg

ベランダに咲いた濃いピンクのつるバラとシャンパンをガラスのボウルに。
スウェーデンのコスタ・ボダ ライムライトシリーズのガラスは
古くから持っていますが、北欧の器はいつの時代にも新鮮ですね。

d0145934_1635443.jpg

紫陽花の葉が濃い緑になってきました。

d0145934_16352226.jpg

このテーブルクロスの柄は、お花のカラーの模様です。
柄をいかしたくて、できるだけシンプルなテーブルコーディネートにしました。
日本で手に入る輸入品のクロスは美しいけれど、お値段は・・・躊躇しますよね~
暮らしの中でテーブルクロスを使っているEUでは、手が届くお値段です。
これは、1枚24.9ユーロ
他にも、日本では見かけないナフキンリングが豊富でした。
(いつかUPしますね^^)

d0145934_1635399.jpg

で、お料理ですが
ガスパチョやヴィシソワーズの冷たいスープを盛り付けたり・・・
ガスパチョの奥に写った仔羊のグリルはちょっと焼きすぎですね^^;
by my_studio | 2009-05-17 18:11 | テーブルコーディネート | Comments(60)
まぶしい陽ざし 5月の鶴舞公園で
新しいレンズ、広角側の17mmを試写しないとね~♪
ラーメンだけでは、わからない・・・^^;
d0145934_19351898.jpg

鶴舞公園のポピーです。

d0145934_19354614.jpg

GWが明けてから、暑いんですよ。

d0145934_1936139.jpg

私の愛用ママチャリです!
この季節は、自転車が気持ちいいですね~♪

d0145934_19365719.jpg

木陰に入ると、どっと汗がでますよ・・・

d0145934_19372871.jpg

17mmで、サッカー練習場を撮ってみました。
眩しい5月、のどかなGW明けです。

d0145934_19402529.jpg

鶴舞公園といえば、バラ園です。
いつもの28-75mmの75mm側で撮りました。
まだ慣れないのか、こちらの色合いの方がしっくりします~^^;
by my_studio | 2009-05-14 20:15 | おでかけ 名古屋 | Comments(36)
華麗なる階段 名古屋市市政資料館にて sanpo
d0145934_11373627.jpg


名古屋市市政資料館に行ってきました。
1922年(大正11年)に建てられた「ネオ・バロック様式」
重要文化財で昭和54年(1979年)まで
名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所庁舎でした。

d0145934_1138972.jpg


ドラマ「華麗なる一族」のロケ地にもなり
大蔵大臣と万俵大介が話しながらこの階段を歩いてます。

d0145934_11383269.jpg


「花より男子2」では、大河原財閥のビルにもなってます。

d0145934_11385931.jpg


ステンドグラスや漆喰塗り、マーブル塗りなどが美しく

d0145934_11391795.jpg


シャンデリアが創建当時の姿に復原されていて
華麗なる~が似合いそうです^^
が、地下には留置場も展示されているんですよ^^;

More 新しいレンズで撮ってみました・・・
by my_studio | 2009-05-10 12:56 | おでかけ 名古屋 | Comments(54)
男の二人旅 最終回 ~僕の歩く道~
「男の二人旅」長らく続きましたが、最終回です。
(美術館の写真が大量にあるので・・・番外編を夏休みごろに予定してます)

アビー・ロードの横断歩道
ビートルズのアルバム 「Abbey Road」のジャケット写真で有名な場所
d0145934_1219235.jpg


「僕、アビー・ロードはこっちから歩くんだよ~」
d0145934_12212864.jpg


親切なおじさんが一緒に歩こうと誘ってくれた!
d0145934_12214451.jpg


ここは、世界中の人が歩きたい横断歩道
メタボなおじさん、スキップしながら~
だけど、危ないよ^^;ここ事故も多いから・・・
d0145934_12215767.jpg

アビー・ロード スタジオも近くにあり、ロックの聖地です。
d0145934_1224194.jpg


日・米でのビートルズのラストシングル
「The Long And Winding Road」も
ここで録音されました。

地下鉄ベイカーストリート駅
d0145934_12262792.jpg

アビー・ロードに行く途中で乗り換えるベイカーストリート駅は
1863年に開業した世界で一番古い地下鉄の駅です。

キングスクロス駅
ハリーポッターの「9 3/4プラットホーム」
d0145934_12294822.jpg

無邪気な次男の横顔^^
ハリーポッターファンにとっては、ここはどうしても見たかったスポット!

「ロンドンは古い伝統とエネルギッシュな若者文化が同居する魅力的な街
 また、いつか来たいと真剣に思った。」(次男)

バッキンガム宮殿前のホースガード
d0145934_12331325.jpg


カムデン・タウンで見かけたロンドン娘の重ね着ファッション
次男も重ね着ばかりしてるけど、こんな雰囲気が好きなんだね。
d0145934_12342769.jpg


映画「ノッティングヒルの恋人」の舞台
d0145934_12352026.jpg

↑妹の誕生パーティーが開かれた家の近くです。
ロンドンでも屈指の高級住宅街

d0145934_12474685.jpg

↑この緑色のお花、住宅街に似合う爽やかなお花ですね。
何と言う名前のお花でしょうか・・・?

ハイドパーク、公園の入り口近く
d0145934_12483372.jpg

これまでの私のロンドンのイメージは、古き良き街でした
父子の写真や話から、新しいロンドンを私も見てみたいと思います。
いつかハイドパークのベンチで、今度は夫婦で、ゆっくりしましょう。

「男の二人旅」は、ここで一応終わります。
これからの次男の歩く道は、
「The Long And Winding Road」のように、いろいろあるでしょう。
この旅行での経験が、いつか心の支えになるといいなぁと思っています。

長らく読んでいただいてありがとうございました。
by my_studio | 2009-05-05 13:32 | パリ・ベルギー・ロンドン 2009 | Comments(44)
男の二人旅 ~これがハリー・ポッターのテーブルコーディネートだ!!~ sanpo
オックスフォード大学 
 クライスト・チャーチのグレートホール
d0145934_1731279.jpg

ここが、ハリーポッターの食堂シーンのロケにも使われたグレートホールです。
今晩の学生たちのディナーのセッティングがされていました。

d0145934_1732740.jpg

クライスト・チャーチは13人の首相を輩出したオックスフォードの名門カレッジで
ニュージーランドの都市の地名もここに由来しています。

d0145934_1744527.jpg

中央の噴水はこのカレッジ出身で数学者でもあったルイス・キャロルの
「不思議な国のアリス」にちなんだもの

d0145934_1752271.jpg

ディナーの料金は£1.9ですが、学生はガウンの着用が必要です。
「夕食のメニューは、ローストチキンだったよ!入り口に書いてあった。」(次男)

d0145934_1754054.jpg

ここからは、私の感想(ちょっと長いです・・^^;)
見学の途中で「正式なテーブルセッティングだ~!!」と気がついて
走って走ってこの写真を撮ってきてくれた父子
ありがとう!
私が、一番見たいことを知っている・・・そんな父子に感謝です。
「本場では、今どんなテーブルで食事をしているのだろう?」
暮らしの中で家庭や学生たちの食卓はどんなのだろう?
いつも気になっていました。

「セッティング」という言葉に現れるように、大切なことは正確さ
カトラリーの1本1本が丁寧に置いてあり、整然とした美しさです!
伝統とは、永年に培われた機能美にみえました。

では、日本のテーブルコーディネートとは何だろう?
家族や友人への想いからテーブルをちょっと飾ったり、遊んだり・・
和も洋もテーブルの約束事は守って
ワクワクする気持ちで、お箸やお皿を並べてみる~
テーブルコーディネートとは、そんな楽しみかもしれない・・・
まじめに悩んでしまってテーブルコーディネートはスランプです、私^^;

d0145934_1755255.jpg

オックスフォードの学内での風景
とても賢そうな好青年だわ^^

d0145934_176438.jpg

15歳にはちょっぴり刺激的な「路チュー」も見られ
青春の一コマのようです。

d0145934_176157.jpg

この円形の建物は「ラドクリフ・カメラ」
1748年に建てられた図書館の一部です。

d0145934_1762658.jpg

各校舎には、カレッジの紋章がついています。
by my_studio | 2009-05-02 19:50 | パリ・ベルギー・ロンドン 2009