<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
男の二人旅 ~不思議発見!? ストーンヘンジ~ priceless
誰がなんのために造ったのだろう
d0145934_6372132.jpg

この不思議な遺跡を見たくて
ウィンザー、オックスフォードも回る現地のツアーに参加。

日本人はオヤジと僕の父子2人だけ
日本からこれを見に来たと自己紹介すると
「congratulation!」と言われた!うれしかった。
帰る頃には、自力でけっこう女の子と仲良くなった^^(次男)

d0145934_638832.jpg

中央の岩はfunny faceと呼ばれ、笑う人の顔のよう

d0145934_6382649.jpg

ストーンヘンジの遺跡は、ロンドンの西、約200キロにあります。
ソールズベリの北の幹線道をバスで走っていると突然現れました。

d0145934_6392644.jpg

今から4000年以上前に造られ、
天体観測や儀式に使われたと推測されています。
この巨石は、遠くウェールズから運ばれたもの
多くの謎を秘めています。

d0145934_6395898.jpg

荒涼した野原に立つストーンヘンジの写真を見ると
映画「テス」のラストシーンを思い出して
なんだか胸がしめつけられるようです・・・(私は)

d0145934_6405338.jpg


d0145934_6411555.jpg

女の子が持っているのは解説のためのイヤホーンガイドで、
日本語もあります。

d0145934_6413142.jpg

ここを訪れた人の半数は「ただの岩だった」とがっかりするらしいけれど
うちの父子は、昔の人のすごいパワーを感じたようです。
by my_studio | 2009-04-29 08:04 | パリ・ベルギー・ロンドン 2009 | Comments(38)
男の二人旅 ~黄昏のロンドンとロンドン・アイ~ sanpo
d0145934_18373123.jpg

黄昏のロンドン
どんよりした空の色がイギリスですね。

d0145934_18375837.jpg

このカプセルは何?

d0145934_18381641.jpg

これが、ロンドン・アイ
テムズ川沿いの大観覧車です。

d0145934_18384741.jpg

直径135mということは、上空135m以上の高さまで上がるのね。
おお怖そう~ 高いとこと閉所はダメです、私は^^;

d0145934_1839014.jpg

対岸はビッグ・ベン
こうして写真で見るのは好き^^

d0145934_1840725.jpg

定員は25名のカプセルですが
乗っているのは10名程度、約30分間の小さな旅。

d0145934_18415981.jpg

ここら辺が頂上付近かな?
ビッグベンがはるか下に見えますね。

d0145934_18425816.jpg

ほほ~世界中どこでも、セルフショットでパチリ!
日本なら、写メね。
右のお兄ちゃんは、かなりのイケメンだわ!
日本なら、TOKIOの長瀬君みたい?

d0145934_18431114.jpg

ロンドンのかもめは日本より鼻筋が通っていると言ってるけど、そうかな?

これより次男の話・・・
「このあとは、父子で念願のUKパンクロックを見学に
ライブハウスへGO!!
オヤジはあまりのギターテクにびっくり!
帰国後はエレキを抱えてます。

Islington Academy(ライブハウスの会場名)のお客さんは
頭がトサカの人もいるけど、怖くないし、気のいい人ばかり。
会場の音響のお兄さんは親切で真面目、いろいろ教えてもらいました。」

帰国後、高校入学してすぐにバンドを組んで、ドラムに夢中です、次男。
とても密度の濃いロンドンの初日だったようですね。
by my_studio | 2009-04-25 19:33 | パリ・ベルギー・ロンドン 2009
春は野菜が美味しい! フチテイFUCHITEIでランチ oishii
d0145934_16492956.jpg

春になったんだなぁ~と
野菜のみずみずしさでも感じますね。
(↑ 前菜 ホタテのソテー サラダ仕立て)

d0145934_16494942.jpg

フチテイFUCHITEIのランチは、ボリュームはもちろん!
季節の野菜の美味しさ、旬の味を再認識です。
(↑ 口取り マンゴーと豚肉のリエット)

d0145934_1650884.jpg

前菜 豚のタンと耳のテリーヌは、前回とは違うグリビッシュソースで

d0145934_16502395.jpg

メインは、三河鶏の白ワイン酢煮 と
(ヴィネガーというよりトマトの酸味?がきいた 美味しいソースでした)

d0145934_16504141.jpg

もち豚のファルシ トマトとズッキーニ ぎっしり詰まってます^^

d0145934_1651114.jpg

デザートは、ガトー・クラッシック・オ・ショコラ
口取り 前菜 メイン デザート コーヒーのランチは1890円/1人

フチテイは、訪れる度に季節の味とシェフの素晴らしさ
(日々研究されているんですね、ますます磨かれていく美味しさ)
素敵な時間をありがとう~と思います。
私がパリのビストロでフレンチを味わう日は遥か遠いけど^^;
フチテイで大満足よ!!
by my_studio | 2009-04-22 17:41 | ランチ | Comments(52)
しだれ桜を独り占め 東谷山フルーツパークにて
桜の名所で一本道しかなくて、車だと大渋滞の場所ってありませんか?
東谷山フルーツパーク も、しだれ桜の名所ですが
桜の季節は、一本道が延々と車の列...
先日の大雨の日、朝一番に行ってみました。
d0145934_13291870.jpg

ちょっと散り始めていましたが、間に合いました。

d0145934_16242334.jpg

誰もいない!
満開の桜を独り占めって気持ちいいです、たとえ雨でも~♪

d0145934_1330386.jpg

八重桜も咲いていました。

d0145934_14444060.jpg

ウコン桜、淡い黄緑色の八重桜です。

d0145934_1331320.jpg

キクモモの鮮やかなピンクの花もきれい..

d0145934_13312071.jpg

フルーツパークなので、果樹園もあります。
梨の花が満開でした。
by my_studio | 2009-04-18 14:50 | おでかけ 名古屋 | Comments(46)
男の二人旅 ~ベルギーの朝、そしてロンドンへ~
d0145934_19204654.jpg

朝のお散歩というと、女の子が登場していないかな?^^;
ワンちゃんとのお散歩もベルギーの石畳を颯爽と!
かっこいいですね~♪

d0145934_1921937.jpg

グランプラスの花市
d0145934_19212151.jpg

ブリュッセルからユーロスターに乗ってロンドンへ

ユーロスターも日本からHPで予約ができます。
早めの予約で、2等 片道大人68ユーロ ユース45ユーロでした。
d0145934_19215062.jpg

車内で読書中の「ウォーリーをさがせ!」のような雰囲気のお兄ちゃん^^

d0145934_19244341.jpg

このころから財布の中身はとぼしくなり...(涙)
移動の昼食はサンドイッチやお惣菜
お箸は日本からmy箸を持参しています。
赤ワインまで飲んでるから、まだ財布は大丈夫?^^;

d0145934_1925101.jpg

ロンドンのセント・パンクラス国際駅に2時間20分で到着です。

d0145934_19252368.jpg

2007年にユーロスターの発着駅に変更したとき
拡張した210メートルの大屋根も有名です。

d0145934_19254917.jpg

宮殿のようなセント・パンクラス駅は、1868年の開業
ということは、明治元年ですよ!

d0145934_1926201.jpg

宿泊は駅に近いB&B、日本から予約しておきました。
荷物を預けたあと、金融の中心地シティにチェックの両替に出ると..
異様なタワーを発見!
これがロンドンでThe Gherkin(ピクルスの小さいきゅうり)と呼ばれる
スイス・リ本社ビルです。
香港の「香港上海銀行ビル」を設計したノーマン・フォスターの建築です。

シティのビジネスマンのファッションはとてもCool!
ストライプシャツにストライプタイ♪
オヤジは帰国してからお手本にしていますが...
どこか違います(まず体系^^;)
by my_studio | 2009-04-14 19:32 | パリ・ベルギー・ロンドン 2009 | Comments(42)
男の二人旅 ~ベルギーはEUの中心だ!!~
d0145934_20201410.jpg

ここがEU本部ビル!!

d0145934_20203920.jpg

ロイヤルーブルーに12個の星が輝く、EU旗が翻る。

d0145934_2021584.jpg

ブリュッセルの中心にあるグランプラスです。
「レ・ミゼラブル」の著者ヴィクトル・ユーゴーが
~世界一美しい広場~と賞賛したグランプラス。
世界遺産の広場は、中世の世界にタイムスリップしたようです。

d0145934_20275088.jpg

左側が「市庁舎」15世紀半ば作られたゴシック様式の塔です。
中央や広場の周りの建物は「ギルド・ハウス」といわれ
当時の各ギルドが集会場として利用していたものです。

d0145934_20223230.jpg

イタリアから来た修学旅行の高校生に道を譲った。
「女の子はいいんだけどさ~ 後ろの男は何だ?
 あれで高校生かよ~ 怖そう...」
オヤジを急がしてベルギービールへ!

d0145934_2023153.jpg

ファルスタッフはアールヌーヴォー建築のカフェ
ベルギーで感心したのは、みんな語学が堪能でスマートだ。
丁寧な説明が、旅行者にも親切だ。

d0145934_20231424.jpg

オヤジはベルギービールに大喜び~♪
「安い!」と大はしゃぎだけど、大丈夫かな?

d0145934_20332428.jpg

生ハムといちご、キウイにスターフルーツ
甘酸っぱくて美味しい~♪

d0145934_20232775.jpg

ベルギーは、これからEUの中心として
どんどん発展していくだろうと思った。
古いものと新しいものがいっしょにあって美しい街。
ベルギーに来たかった、来てよかった。(次男)
by my_studio | 2009-04-12 21:16 | パリ・ベルギー・ロンドン 2009
男の二人旅 ~ベルギーにイースターシーズン到来~ priceless
d0145934_2104278.jpg

イースター 復活祭は、日本ではあまり知られていませんが
今年は4月12日、旅行中はショーウィンドウをしっかりチェックすること!!
母(私^^;)からの指令です。
ベルギーチョコレートの老舗ノイハウスNeuhaus本店のイースターの飾りです。
「老舗は雰囲気がありすぎて、何か買わなきゃ!になっちゃったよ...」(次男)

d0145934_2105524.jpg

レオニダスLeonidasのウィンドウに映る、グランプラス近くの通勤自転車

d0145934_2111249.jpg

卵やうさぎは、イースターの象徴です。

d0145934_2114132.jpg

ギャルリー・サン・チュベールはヨーロッパで最古のショッピング・アーケードです。
鉄とガラスの造形が重厚で、どっしりと落ち着いた雰囲気。

d0145934_212817.jpg

このアーケードにノイハウス本店があります。
イースターの飾りは春の訪れ、吸い寄せられるようにチョコレートの店へと..

d0145934_2121954.jpg


d0145934_2131878.jpg

ベルギーといえばワッフル!!

d0145934_2135433.jpg

DANDOY ダンドアの支店 ワッフル有名店のお兄ちゃんは
日本人の若い女の子のお客さんに「堀北真希に似てるね?」と日本語で声をかけてた☆
どうもこれは、彼のワザです。
柔らかな声かけで、どんどん売り上げがふえる!

d0145934_214838.jpg

彼です~♪
許可を得て彼を撮影。
次男とは、日本のドラマ話で大盛り上がり
すっかり意気投合してしまいました。
ネットで日本のドラマを見て日本の研究をしているそうです。
d0145934_22223799.jpg

by my_studio | 2009-04-10 22:15 | パリ・ベルギー・ロンドン 2009
男の二人旅 ~パリの朝 そしてベルギーへ~ 
朝のお散歩って、なになに女の子を見てたの?
それともワンちゃん?
パリの犬文化は素晴らしいですよね。
ワンちゃんのおできもよいけど...^^;

d0145934_2132682.jpg


宿泊したホテルは、マドレーヌ寺院の近くです。

d0145934_21322279.jpg


ヴァンドーム広場にて

d0145934_21323450.jpg


15歳の次男の興味はただいまファッション!!
ジーンズのショーウィンドウでは動かないし
メトロで向かい合わせたお兄さんのデニムに目が釘づけ~☆^^

d0145934_213247100.jpg


オペラ座は、私がもしパリに行くことができたら
とても見たいところ(以前も見学したけど、記憶にあまりない。。。)

d0145934_21331831.jpg


オペラ・ガルニエの美しさは格別ですね。

d0145934_21333328.jpg


Gare du Nord ノード駅(北駅)からベルギーへ向かいます。
ノード駅の辺りは、タクシーが止まるとジプシーが寄ってきます。
1Fのコンコースは雑然として危ない雰囲気なので、2Fで出発までお茶をしながら待ちます。
こんな経験がない次男には、少し緊張の時間..

d0145934_21335247.jpg


ベルギーまでの国際列車はタリスといい
日本からHPで予約ができます。
出発の2週間以上前なら、2等片道一人25ユーロ
自宅のプリンターで切符を印刷して持参しますよ~

d0145934_21341045.jpg


パリからブリュッセルまでは1時間20分ぐらいです。
世界の車窓から...

d0145934_21345362.jpg

by my_studio | 2009-04-08 22:30 | パリ・ベルギー・ロンドン 2009
今年の桜 2009
メインのカメラK20Dは、まだ戻ってこないけど..
桜の季節は、やっぱり心そわそわ~
サブのカメラK100Dを抱えて、お花見に出かけました。

d0145934_16315942.jpg

名古屋の鶴舞公園は、日本桜名所百選の一つですが
季節の花もいっぱい、チュ-リップも満開です!

d0145934_16322231.jpg



山崎川の川堤も桜百選の一つです。
d0145934_16324855.jpg


うちの近くの支流も川面まで降りれるように整備されました。
d0145934_16331120.jpg


「毎年この桜だけは見ないと~」というのが誰しもあると思うのですが
我が家のお花見スポットは、ここ山崎川です。
d0145934_16333390.jpg



こちらは、岩倉市の五条川の夕暮れです。
ここの桜並木も日本さくら名所100選の一つです。
d0145934_1633548.jpg


d0145934_16342015.jpg

先週はこの方面に用があり、咲き初めからずっとお花見できました。
五条川沿いは、毎年お花見したいくらい美しい桜並木です。
by my_studio | 2009-04-05 17:17 | おでかけ 名古屋 | Comments(54)
男の二人旅 ~芸術家が集う丘とレ・フィロゾフのランチ~
メインのカメラK20Dが修理中なので...
また「男の二人旅」へ戻ります。 

d0145934_12421819.jpg

芸術家が集うことで有名なモンマルトルのテルトル広場

d0145934_12424316.jpg

モデルの彼女は、次男の好みのタイプかな?^^

d0145934_1243561.jpg

次男は絵画が好きで描き方に興味があり
モンマルトルの丘は、目の前でのスケッチをみることができ
美術館とはまた違う楽しみだったようです。

d0145934_12432395.jpg


d0145934_1243336.jpg

サクレ・クール寺院

d0145934_1244543.jpg

世界中の観光客を前に「イマジン」を熱唱するお兄さん

d0145934_12441612.jpg

メトロ アベスAbbesses駅に近い路地
モンマルトルは坂の街

場所は変わって
この日のランチは楽しみにしていたマレ地区の「レ・フィロゾフ」
d0145934_1244452.jpg


ちょうど3月のパリコレの期間中に旅行していたので
マレ地区にも、おしゃれな人があふれていたそうです♪
って、ことは?...うちの父子はかなり浮いていたはず^^;

More レ・フィロゾフの日替わりメニューは・・・
by my_studio | 2009-04-04 13:44 | パリ・ベルギー・ロンドン 2009 | Comments(12)