カテゴリ:おでかけ 海外 リズム*母の旅( 19 )
2015年 今年もよろしくお願いいたします
2015年 スタートしました。
一日一日を大切にしながら、よい年になりますようにと願っています。

今年は、ひつじ年。
羊が似合う国といえば、リズム*父&母のニュージーランド旅があった!
と思ったら、一匹も羊が写っていませんでした。。。

ですが、ニュージランドのマウントクックは、
新春にふさわしい、晴れ晴れとした、美しい世界遺産の山です。

d0145934_16154040.jpg


d0145934_16195741.jpg


d0145934_16201377.jpg


↑は、クイーンズタウンでの朝焼け。

d0145934_1632771.jpg


クライストチャーチに移動すると
荘厳なマウントクックとミルキーブルーの湖面が美しいテカポ湖。

d0145934_1632497.jpg


街の中を走るトラム。建物の中にも線路があります。

この時は(10年近く前ですが、季節はちょうど今頃、ニュージランドの夏です)
ミルフォードトラックのトレッキングが目的で旅を。
世界で最も美しい遊歩道を4泊5日で歩き
その後、何日もかけて、ニュージランドの街を観光しました。

d0145934_16383515.jpg


d0145934_16385243.jpg


d0145934_1639890.jpg


d0145934_164048.jpg


d0145934_16401851.jpg


d0145934_1640308.jpg


ミルフォードトレッキングは、マッキノン峠やサザーランド滝など
雄大な景観を楽しみながら、終点↑サンドフライポイントまで歩きます。

途中泊まる、クィンティンロッジやマイターピークロッジでは
みんなで完走をハグしたり、ヤッタ~!とでんぐり返りをしたり!
日本人は、父&母だけで、ずっと英語で会話してたとか。
(その頃アラ70の父&母は、最高齢夫婦!すご~い☆)


このブログを綴り始めて7年。
高校生だった長男は、仕事に就き
中学生だった次男は、大学も半ばになり、今後のことを考えるとき。

私自身も、子育てや目の前の仕事だけでなく
セカンドキャリアを意識する年齢になりました。

丁寧な暮らし、ひとつひとつを大切にを心がけたいと思います。
by my_studio | 2015-01-04 17:35 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
師走になりました! 午年のうちにUP!~アンドラ公国~
d0145934_18143670.jpg


師走になりました! 午年のうちにupしようと思っていた
リズム*母、数年前のピレネーの旅。
ピレネー山脈の牧草地に広がる、馬の放牧風景。

d0145934_1814577.jpg


スペイン・バルセロナから入り、アンドラ公国へと
バスでピレネー山脈を越えていきます。

d0145934_1815231.jpg


次男のふたたびのヨーロッパ・スペイン旅より、母の写真のほうが上手かも?^^

d0145934_18155945.jpg


d0145934_18162455.jpg


アンドラ公国へは、バルセロナから、フランス・トゥールーズ行きのバスに乗ります。

d0145934_18164667.jpg


アンドラ公国の街は、ピレネーの山奥とは思えないほど整っていて
どのレストランもおしゃれ、テーブルコーディネートも明るくて素敵~☆
フレンチもイタリアンも美味しかったとか^^

d0145934_18171161.jpg


ピレネー山脈には 11 ~12世紀に建てられた初期ロマネスク様式の教会があり
ボイ渓谷の教会は世界遺産に登録されています。

d0145934_1952171.jpg


アンドラ・ラ・ベリャ旧市街のシンボル サン・エステバ教会。
この教会は、古いだけでなく、現役の教会として活躍しています。

アンドラ公国は、免税の国として、スペインやフランスからの
買い物客やスキーリゾート地としてにぎわっていますが
古いものを大切する、ピレネーの山奥の国、魅力的ですね。

d0145934_18174715.jpg


母たちは、一度フランスへ出国したのですが、
また、スペインへ。
バルセロナの北西に位置するモンセラートに戻ってきました。
奇岩でできた聖なる山。カタルーニャ鉄道で、1時間。
モンセラートとは、「のこぎり山」
どんな建築も、自然の造形には、かなわないかも?

来年は、ひつじ年。羊が似合う国の写真をUPしなきゃ~♪
by my_studio | 2014-12-07 19:14 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
暑中お見舞い申しあげます ~モネの庭~
暑中お見舞い申しあげます。
梅雨明けして、35度の暑い暑い名古屋です~~。

↓「ツール・ド・フランス」で書きましたが、
100回大会と追いかけっこだった昨年の母のフランス旅。
ジヴェルニーへ、一番美しい季節のモネの庭観賞が目的でした。

d0145934_15412634.jpg


d0145934_1540404.jpg


d0145934_15414791.jpg


オランジュリー美術館
モネの「睡蓮」と比べてみてください^^


d0145934_1542718.jpg


昼食は、ノルマンディーの美しい港町 オンフルールで。

d0145934_15422850.jpg


皆さん、シーフードの盛り合わせ、海の幸のプレートと格闘中!
フレンチでも蟹は無口になるのかしら?
いえいえ、会話が弾んでいるようです~^^

d0145934_15425149.jpg


d0145934_15431617.jpg


d0145934_1544293.jpg


d0145934_15442657.jpg


d0145934_15444559.jpg


この近くには、ブブロン・オン・オージュ。
フランスの美しい村があります。

d0145934_1545678.jpg


フランスは観光大国ですが、観光による村おこしを目的に
1982年に“フランスの最も美しい村”がスタートしました。

素朴で小さな、ブブロン・オン・オージュは、木組みの街並みの美しい村。

d0145934_1540725.jpg


ツール・ド・フランスをサポートする車。↑
ロワール地方でも出会ってます。
ロード好きの夫と次男は、この車の写真にも興味津々でした^^
(孫の趣味を知って、写真を撮ってくる母もすごい~!)

by my_studio | 2014-07-23 16:21 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
まいにち ツール・ド・フランス
「まいにち ツール・ドフランス」101回大会 2014
自転車好きの夫と次男が、録画して観戦している番組です。

ツール・ド・フランスは、毎年7月に、23日間の日程で行われ
世界から集まったチームで、約3600kmを走るロードレース。
昨年の100回大会から、日本でも毎日放映されることに。

101回目の今年は、イングランド、ヨークシャー地方にある町、リーズから
開会セレモニーには、ウィリアム王子&キャサリン妃、ヘンリー王子が出席されましたよ!

↓は、ちょうど1年前、100回記念大会のコースを撮った母の写真。

d0145934_165303.jpg


左下の車は、ツールをサポートする大会関係車両だそうで
「行きたかった!」と、夫と次男(学校はどうするの?試験中です!)

d0145934_1655020.jpg


ここは、モンサンミッシェル。海の中に、特別につくられたコースでした。

d0145934_1661860.jpg


d0145934_1663657.jpg


「ラ・メール・プラール」伝統のオムレツは、横浜店のほうがおいしかったとか~^^

d0145934_167264.jpg


d0145934_1672324.jpg


母は、数年前には、ピレネーの山岳でもツールを観戦して
すごいスピードに驚いたそう~。

d0145934_1674249.jpg


この日は、モンサンミッシェルに泊まり、翌日は、中庭の可愛いテラスで朝食を。

d0145934_168210.jpg


このときのフランス旅では、モネの庭へも行っています。
続きは、一番美しい季節のモネの庭を。
by my_studio | 2014-07-15 16:24 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
ぐるっと黒海 ~トルコ・エフェソス遺跡 パムッカレ石灰棚~
熱戦のあとの涙、笑顔。
女子フィギュアスケートは、感動がいっぱいでしたね。

真央ちゃんのフリーが終わった時は
日本中、世界中が、いっしょに涙したのではないでしょうか。
素晴らしい演技は、何回観ても泣いてしまいます。

ソトニコワ選手の力強い演技!
コストナー選手の表現力が生かされたプログラム(ボレロもアヴェ・マリアもよかったわ~)
リプニツカヤ選手の将来性(ちょっと愛想がない15歳が笑うと可愛いい^^)
3月の世界選手権も楽しみです♪

さて、ソチに近い黒海の旅、最後は、トルコ・エフェソス
エフェソスは、紀元前・ローマ帝国時代の世界最大級の古代都市遺跡です。

d0145934_1325414.jpg


ローマ時代に建てられた劇場は、5万人入れたとか。
ソチ・オリンピックスタジアムより大きかったのですね。

現在残る野外劇場は、2万4000人収容の紀元前2世紀に建てられ
半円形劇場の遺跡としては世界最大で、現在もコンサートなどで使われているそうです。

d0145934_13255755.jpg


野外劇場から港への大理石の道路は、アルカディアン通り
クレオパトラも歩いたそうです。
大理石の道は、セルシウス図書館へ続いています。

d0145934_13261270.jpg


セルシウス図書館は、約1万2千冊の書物を所蔵していた大規模な図書館だったとか。

d0145934_13262870.jpg


オデオン(音楽堂)は、当時は屋根付きの小劇場でした。

d0145934_13265047.jpg


d0145934_13271375.jpg


ベルガマに移動して、こちらは、アクロポリスと呼ばれる
紀元前3世紀に築かれた、ベルガモン王国の遺跡です。

d0145934_13273132.jpg


d0145934_13274437.jpg


トルコは、黒海にもエーゲ海にも面しているんですね。
エーゲ海の夜明けです。

最後は、真っ白なパムッカレ石灰棚へ。
パムッカレとは、トルコ語で「綿の城」
d0145934_13275947.jpg


d0145934_13281251.jpg


石灰を含んだ温泉が、下へ流れる途中で温度が下がり
崖全体が結晶して、真っ白な石灰棚ができました。

d0145934_13282746.jpg


ぐるっと黒海、ブルガリア、ルーマニア、トルコと巡り、これで終わりです。

ソチオリンピックもとうとうフィナーレ、閉会式です。
感動をありがとう☆素敵な夢の祭典でした。
by my_studio | 2014-02-23 14:35 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
ぐるっと黒海 ~トルコ・カッパドキアと熱気球~  
ただいま、フィギュアスケート 女子SPを観戦してます~~
今回だけは、ドキドキして、胸が苦しくもなり
LIVEは、とても観れない。。。と思っていましたが
やはり、気になって眠れません。

フィギュアスケート男子は、羽生結弦選手が金メダル☆
表彰台の時は、とても可愛い19歳の笑顔でしたね^^
大ちゃんが、フリーのビードルズメドレーの最後で
「The Long And Winding Road」を晴れ晴れと滑っている姿!
終わってみれば、男子は、心からよかった~と思えます。

真央ちゃんも鈴木明子選手も、これまでの全てを
思い残すことのない演技となりますように。


d0145934_2543034.jpg


d0145934_254492.jpg


d0145934_255578.jpg


d0145934_255189.jpg


d0145934_2553534.jpg


写真は、トルコ カッパドキア(母の写真より)
カッパドキアは不思議な形をした奇岩群の世界遺産とバルーン気球が人気です。

ソチの開会式で登場した可愛い気球
モスクワ ポクロフスキー聖堂 聖ワシリイ寺院」の形に似てませんか?^^
by my_studio | 2014-02-20 03:19 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
ぐるっと黒海 ~トルコ・イスタンブール~
ソチオリンピックも半ば
いよいよフィギュアスケート男子です!
昨夜は、LIVE放送に備えて早々寝て、深夜目覚めました^^

羽生結弦選手「パリの散歩道」SP 素晴らしかったですね~☆
最終滑走の町田選手まで観戦して
4時半から一眠りして6時に起きると
・・・窓の外は、一面の雪です!

さて、ぐるっと黒海、ルーマニアで終わりと思っていましたが
母の写真を整理していたら、トルコの旅が出てきました~^^
で、続きはトルコ編です。

ロシア・ソチと黒海をはさんで反対側、イスタンブールの朝焼けです。

d0145934_13162421.jpg


d0145934_1320257.jpg


世界遺産のブルーモスク。
17世紀初めにアフメット1世によって建てられたイスラム寺院です。

ブルーモスクは、6本あるミナレット(尖塔)が特徴です。
モスクのミナレットは、普通は4本ですが、
「アルトゥン(金)」のミナレットを作れを「アルトゥ(6本)」と聞き間違えたとか
世界中のモスクでミナレットが6本あるのはブルーモスクだけです。

d0145934_13202333.jpg


こちらは、アヤソフィア。
ローマ帝国時代にキリスト教の聖堂として建てられた赤茶色の大聖堂です。
後からイスラム教徒のモスクに改装されミナレットが4本建てられました。

朝から、市場の近くで、トルコ料理(世界3大料理ですね^^)シシュケバブ。

d0145934_13313829.jpg


d0145934_1332129.jpg

今年も東京ドームで「テーブルウェア・フェスティバル」が開催されましたね。
テーブルコーディネートコンテストのテーマは~リゾート気分でおもてなし~でした。

リゾートで思い出すのは、こんな素朴な「食」のテーブルではないかしら?
ドームのコーディネートは、年々装飾過多になって。。。
旅の写真から、雰囲気、料理を想像する方が楽しいかな~

d0145934_13321669.jpg


d0145934_13323426.jpg


雪の中、トルコアイスを食べている。のび~るのかな?^^

d0145934_13332152.jpg


新市街と旧市街を繋ぐガラタ橋、川べりのレストラン。
エスニックなテーブル、オレンジのクロスが素敵です。

d0145934_13325111.jpg


グランド・バザール近くの路地にて。

d0145934_1333586.jpg


↑本屋さん、カードショップらしいけれど、きれいですね。

ペルシャ絨毯のお店にも行ってました。

d0145934_13333961.jpg


絨毯を飛ばす!実演付き販売?

d0145934_13335672.jpg


そういえば、この絨毯、実家にあるわ~~^^;
トルコのHEREKE ヘレケというシルクの絨毯だそうです。
(モロッコで買ったペルシャ絨毯も実家にあるよ・・・)

d0145934_13341016.jpg


d0145934_13342359.jpg


d0145934_13344081.jpg


トルコの旅、カッパドキア、パムッカレ、エフェソスへと続きます。

さぁ、今夜は、男子フリー 眠れませんわ。
もう、ドキドキしてきた。
パトリック・チャン選手も大ちゃんも好き☆
これまでの全てを、思い残すことのない演技となりますように。
緊張を力に変える、結弦ちゃんは強い!素晴らしい!
by my_studio | 2014-02-14 15:10 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
ぐるっと黒海 ~ブルガリア・ルーマニアの旅~4
日本全国、雪の一日。
ソチより積もっているかもしれませんね。
外出は控えて~、開会式にかじりついてました。

ソチオリンピック開幕しましたね。
開会式は、ロシアの歴史と文化が表現されていて
最新の技術・映像の演出もよかったけれど
音楽、バレエが素晴らしく、やはり芸術大国ロシアと感じました。

「戦争と平和」のバレエでは、スヴェトラーナ・ザハーロワが!
(ザハーロワ、大好きなバレリーナです^^)
美しく長い手足と豊かな表現力、そして、ママさんバレリーナ!というのが素敵☆
しばらくは、夢の祭典、オリンピックに釘付けです。

さて、ソチに近い黒海の旅、最後はルーマニアです。
「吸血鬼ドラキュラ」のモデルとなったブラン城へ。
現在は、博物館として、開放されています。

d0145934_1510738.jpg


お城の入口でチケットを購入して、森のようなお城へ上がって行きます。

d0145934_15103411.jpg


d0145934_15211783.jpg


中庭も美しく、のどかな風景が広がります。

d0145934_1521449.jpg


ブラショフの駅から、鉄道でブカレストへ。
ブカレストは、これまでのブルガリアや黒海周辺の町とはまったく違う風景です。

d0145934_15255195.jpg


ブカレストにも凱旋門があります。
第一次世界大戦の勝利を記念して建てられました。

d0145934_15252857.jpg


国民の館。
チャウシェスク大統領が造った宮殿。世界の建物の中で2番目の大きさです。
(世界一は、アメリカ国防総省、ペンタゴン)

d0145934_15354093.jpg


大学の図書館。
激しい銃撃戦で、治安部隊が立てこもり、蔵書の大半はないのだとか。

d0145934_1536665.jpg


旧共産党本部、現在は、労働省です。
チャウシェスク大統領は、ここの玄関の上、2階のバルコニーで演説をし、
その後、屋上からヘリコプターで逃亡しました。
写真で見ると、小さなテラスです。複雑な気持ちになりますね。
今から、25年前です。

四半世紀の後、黒海のほとりロシアのソチで
ロシア初めての冬のオリンピックが開幕しました。
どうか、平和の祭典となりますように。
by my_studio | 2014-02-08 15:58 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
ぐるっと黒海3 ~ブルガリア バラ祭り~
今日は、立春。
昨日の節分は、暖かい日でしたが、一転、今日は寒い!
ソチより寒いかもね。

さて、昨年の母の旅より、「ブルガリアのバラ祭り」
6月の最初の日曜日に、バラの谷のバラ摘みから始まります。

可愛いバラ摘み娘たち

d0145934_15281119.jpg


d0145934_15283736.jpg


d0145934_15291496.jpg


腰まわりに、大きなベルがいっぱい、不思議な後ろ姿~
前を向いたら、こんな感じ

d0145934_15295734.jpg


アコーディオンやバグパイプの生演奏でダンスを。

d0145934_15341397.jpg


d0145934_15343184.jpg


バラの谷で、バラ摘みが終わったら、カザンラクのメインストリートへ移動です。

d0145934_1535814.jpg


沿道の子供たちも民族衣装で、可愛いの~♪^^

d0145934_15373369.jpg


バラの女王から、お祭りのパレードがスタートです。

d0145934_15402777.jpg


バレエ「花のワルツ」のような衣装の可憐な少女たち、細~い!

d0145934_15422024.jpg


d0145934_15424783.jpg


お馬さんの頭にも赤い花飾り^^
巻いていく花びらの香りがほのかにするそうです。

d0145934_15443636.jpg


d0145934_15455948.jpg


d0145934_15461559.jpg


d0145934_15463411.jpg


民族衣装で、歌ったり、踊ったりしながら、パレードが進みます。

d0145934_15474943.jpg


d0145934_15482822.jpg


細い少女たちも、成長すると貫禄のおばちゃんになるのね^^;

d0145934_15505514.jpg


先ほどの、腰に大きなベルの衣装は、ナマハゲのようなお面と
頭のてっぺんは、キューピーちゃん?のようなお人形。

d0145934_15511280.jpg


ブルガリア最大のお祭り、バラ祭り。
民族と文化が交差する黒海の国ならではのお祭りです。

まもなく、ソチオリンピック!開会式の演出も楽しみですね。
by my_studio | 2014-02-04 15:58 | おでかけ 海外 リズム*母の旅
ぐるっと黒海 ~ブルガリア・ルーマニアの旅~2
インフルエンザ、ノロウイルスと、心配な感染症が流行ってますが
皆様、お元気ですか?
先週は、関西へ往復したりと(雪が舞ってました~)
疲れが出たのか、週末、私ひとり、高熱でバテてました~~

インフルエンザの検査は、陰性。。。
幸い、家族にはうつらなかったようですが、油断大敵!
手洗い、うがい、最大限の努力で、この冬を乗り切りましょう~♪

さて、ぐるっと黒海の続きです。
昨年、母がブルガリアを旅した目的は
「ブルガリアのバラ祭り」です。
バラ祭り開かれる、バラの谷へ向かうまでにも素敵な風景が~

d0145934_2044402.jpg


d0145934_20481218.jpg


どこの駅でしょう?ソフィアに近いところです。
海外の駅って、映画の舞台のような雰囲気がありますよね。

d0145934_20511028.jpg


d0145934_20513528.jpg


ソフィア大統領官邸での衛兵の交代式です。
真剣な表情ですが、よく見ると幼い?若い衛兵です。。

d0145934_2172569.jpg


ブルガリア第2の都市、プロブディフにて。
プロブディフの旧市街は古い時代の建物が保存され、街並みも美しく
迷路のような、石畳の坂道も~。

d0145934_21115048.jpg


d0145934_2112637.jpg


偶然、小さな教会で、結婚式が。
フラワーガールのちょっと誇らしげな笑顔が可愛いですね。

d0145934_21122243.jpg


フレスコ画の美しい教会での結婚式。(撮影の許可を頂いてます)
ここにも、民族と文化が交差する黒海の国、ブルガリアを感じます。

d0145934_21124043.jpg


次は、ブルガリア最大のお祭り民族舞踊、衣装がいっぱいの「バラ祭り」へ続きます。
by my_studio | 2014-01-28 21:25 | おでかけ 海外 リズム*母の旅