男の一人旅 ~ニュージーランド オークランド編~


オークランドはニュージーランド北島の北部にあるニュージーランド最大の都市です。
マリンスポーツが盛んで、港のヨットハーバーには豪華ヨットが多数停泊。  

以下の旅行記は、2016年11月 台湾へ~からの続きです。

  


d0145934_20395376.jpg



マウントイーデンという標高196mの小高い丘ですが、列記とした旧火山です。
迫力あるクレーターを周遊できる歩道が整備され
ジョギングをしている人が、いっぱい。




d0145934_20393100.jpg



雨が降ったり止んだりの中
ふもとのバス停から登りましたが
向こうに見える丘も旧火山です。





d0145934_20385607.jpg



ニュージーランドの象徴といわれる
「シルバーファーン」という名のシダ

裏返さなかったけど、葉の裏が銀色





d0145934_20390672.jpg



力強い生命力を持つこのシダは
マオリ人の信仰の対象であり
ナショナルラグビーチーム「オールブラックス」のエンブレムにもあしらわれています。





d0145934_20401708.jpg





次に行ったのは、市内中心部からバスで15分程度乗った、ミッション・ベイのビーチ。





d0145934_20403872.jpg





オークランド市内の移動手段はバスがメインですが
予め、行先を運転手さんに伝えておくと「着いたよ」と親切に合図してくれます。

バスで印象的だったのは
バスを降りる際、乗客は皆「Thank You、Driver!」と運転手さんに聞こえるように
大きな声で挨拶して降ります。

「Thanks!」と小声で言う、シャイな男性もいますが
挨拶しない人は、ほぼゼロ。

誰かのブログで読んで楽しみにしていましたが
実際の姿を見て、自分も降りる時大声で挨拶するのが楽しくなりました!


d0145934_20430998.jpg





↑は、ヨットレース「アメリカズ カップ」で優勝したヨット。
帆の街といわれるほどマリーナには素敵なヨットがたくさん停泊。

オークランドは、ロードバイクでサイクリングしている人
ジョギングしている人を数多く見かけ
健康志向の高い、さわやかな都会でした。



d0145934_20410315.jpg




この港から、ワイヘケ島へ行く「ワイナリーテイスティングツアー」に参加しました。





d0145934_20412002.jpg




オークランドの港からフェリーで35分程。
集合場所に行くと小型バスが止まっていて
一日ツアーが始まりました。



d0145934_20413619.jpg





まず、1人ずつ、軽い自己紹介からスタート
イギリス2組、インド1人、スイス1人、韓国1組
日本人は私1人の参加です。


d0145934_20415497.jpg

3つのワイナリーを周り、1つのワイナリーで4杯ずつテイスティングします。

すべてのグラスを飲み干していると
さすがのワイン好きでも、すでにかなりいい気分
「1軒目でもう酔ぱらっちゃった、バスの床をcrawl(這い)しそう」
とガイドさんと笑って話していたら~

スイス人の兄ちゃんが、寄ってきて
「俺の肩を貸してやるよ」みたいないい感じ。

すでに出来上がっていることもあり
お互いの趣味などの会話を楽しみました。
「スイス人では、フィギュアスケート男子の名選手、高速スピンのランビエールと
自転車界のスパルタクス カンチェラーラがMy Hero」といったら
「俺も同じ」と意気投合!



d0145934_20421933.jpg


1軒目のワイナリーのカベルネフランとメルローのブレンドが最高。





d0145934_20423401.jpg


この景色を見ながら、美味しいワインを飲める
最高に幸せなひと時。

日本で留守番している嫁に感謝!
d0145934_20425089.jpg
ワイナリーのラベンダーを見ていると蜂が止まった。

近くにいた韓国人の若者に
「日本ではこんな黄色い蜂見ないだけど韓国にいる?」と聞いてみたところ
「韓国でも見ない」と。
有名な「マヌカハニー」は、この黄色い蜂が集めているのかな?

韓国人の彼は、10月に大阪へポケモンGOで来て成果を挙げたとのこと。

Pentaxのデジイチを抱えているイギリス人のおやじと
カメラ談義にふけったり、こんな触れ合いが、一人旅の楽しみかな。




d0145934_16200304.jpg


夫がニュージランドへ出かけるちょっと前にみつけました。

昨年夏に、日本初上陸した、ニュージーランドの口紅
自然由来の成分で作られた
ナチュラルリップスティックブランド
『Karen.murrell (カレン・マレル)』をリクエスト!

つけ心地、香り、色持ち、発色
豊富なカラーバリエーション
おしゃれなパッケージ
品番指定で夫に依頼しました^^

ただ、本場のニュージーランドでも日本価格と変わらない~くらいで^^;
ディスカウントを頼んだら~
「うう~ん、無理!でも、このバックつけてあげる~♪」と。
バックも素敵です☆

『Karen.murrell (カレン・マレル)』



by my_studio | 2017-03-06 21:43 | オーストラリア・ニュージーランド2016


<< 春がきた! ~名古屋ウィメンズ... あべのハルカスの夕陽 ~大阪マ... >>