男の一人旅 ~カンボジア・シェムリアップでクメール料理をぼっち飯~
d0145934_19574859.jpg


日本から直行便がないカンボジアへは、ベトナム・ホーチミンから1時間。
カンボジア・シェムリアップ空港が近付いてくると景色が一変。

カンボジアは乾季に入ったはずなのに、スコールが降っているみたい。

d0145934_1958436.jpg


シェムリアップ空港は、入出国者が一緒に入り混ざり、飛行場を歩く。
これが、国際空港か?大丈夫か、テロ対策・・と思うけれど。

d0145934_19581996.jpg


空港内のインテリアは、モダン。
トイレは清潔で洗練されていて、男女マークも見たことのないデザイン。
(左下が女性トイレ。背景がピンクでなくブルーで、ウエストのくびれが違い)

d0145934_19583390.jpg


到着した日の夜は、ホテルの近く、最近人気の隠れ家レストランへ。
クメール料理「Mahob(マホーブ)」

d0145934_19584621.jpg


Mahob(マホーブ)は、郊外のテラスレストラン。
店の周りの植物とおしゃれなインテリアが融和した静かな空間。
欧米系の人が多く、週末のディナーを楽しんでいました。

「こんな素敵な場所で、一人でカンボジア最初の食事は寂しいな。」とサービスのお姉さんに話したら、

「そんなことないよ。楽しんでよ!」と、とびきりの笑顔で返してくれた。

d0145934_1959161.jpg
牛肉のロックラック。カンボジア産の胡椒をつけて。US$10です。
カンボジアの胡椒は、内戦前は世界一といわれる品質だったそうで
現在、日本人が品質の再現に努力されているそうです。

「お腹すいてて~」と話すと、添えたお米が大盛りに♪^^
「え~~!この国の人、ほっとする、とても優しい。」この印象が滞在中ずっと続きました。

クメール料理は、味付けが穏やかで口に合うし、イタリアワインも美味
ぼっち飯でも、最高!

d0145934_19591489.jpg


さあ、二日目は、アンコールワットの日の出を見に行くぞ!
まずは、遺跡巡りの共通チケットを購入。
パスポートのように顔写真を撮影、3日券で40ドル
この国の物価から考えると、観光収入高し。

d0145934_19592761.jpg


日の出撮影スポット、睡蓮が咲く聖池の前で、世界中からの観光客が待っています。


d0145934_19594463.jpg


いつも間にか、白々と夜は明けていた~。朝焼けには、あえなかったが
アンコールワットを楽しむのはこれからだ~!
by my_studio | 2015-11-21 20:59 | カンボジア・ベトナム 2015


<< 男の一人旅 ~カンボジア アン... 今年で10周年!ドームやきもの... >>